アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2011/12/24

12月の里海探検隊:前川先生勉強会  サポーターズ

12月の里海探検隊は三重大の前川行幸先生をお迎えしての勉強会。
遠路いらした先生に若狭の海の幸を召し上がっていただかないと、と会場は阿納の民宿下亟さん。
クリックすると元のサイズで表示します

お話いただいたのは、アマモ場造成についてと、英虞湾で進められている「新しい里海創成事業」について。
クリックすると元のサイズで表示します

海の環境回復のためには、科学的な研究や技術開発が重要ですが、それを実際の場で実行していくための仕組みがなければ始まりません。
「英虞湾自然再生協議会」
http://agobay.org/index.html
という枠組みを作って始められたそうですが、最初のうちは喧嘩ばかりで進まず、どうなることかという状態だったそうです。でも、そのうちだんだん建設的な話し合いになって行ったそうです。
前川先生は委員長としてそれを仕切ってこられたわけですが、「お互い、腹に貯めてたことを言い合う場所と時間が必要」と言われていました。

クリックすると元のサイズで表示します

三重も若狭も昔は御食国(みけつくに)と呼ばれた海の幸の豊富な国。
私たちも三重に倣って、豊かな里海を作って行きたいです。
阿納にも、アオリイカの産卵場となるアマモ場がもっと広がりますように。
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ