アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2006/6/28

環境力向上モデル事業に認定!  サポーターズ

先日、福井までプレゼンをしに行った甲斐あって、「ふくい環境力向上プロジェクト推進事業」地域連携モデル事業の委託を受けることになりました。アマモサポーターズが福井県と業務委託契約するんですよ!

活動内容は、子ども達と協働で行う「小浜湾のアマモ場調査と再生へのビジョンづくり」
来年2月までの活動で、上限20万円の委託金をいただいての事業となります。

本当は定植活動で契約したかったのですが、業務委託の期間が7月〜翌2月ということで、定植活動の時期とずれるため、一生懸命考えて、上記のような内容での申請を行いました。

採択の理由として、次のようなご意見をいただきました。
・アマモの再生をテーマに子どもたちの取組みが市民を巻き込んだ取り組みへと発展したよい事例として評価できる。
・小浜湾の環境再生ビジョンづくりを通して、単なるアマモの再生活動から海から里・山まで含めた地域全体の環境保全活動に広がっていくことが期待できる。

ふむふむ、採択いただいたからにはがんばらねば、と思います。

しかし、更に続きます。


「その他指摘事項」として
・アマモの活動だけでなく、地域全体の自然生態系を考えたレベルの高い取り組みへとつながるような小浜湾の環境ビジョンづくりを進めること。

それってちょっと要求高すぎません?
アマモサポーターズと水産高校とで、半年20万円の予算でそんなことができたら、県立大学も、調査会社も環境コンサルタントも必要なくなってしまいます。

「地域全体の自然生態系を考えたレベルの高い取り組みへとつながるような環境ビジョンづくり」は県や市町村が1000万単位のお金をかけて、是非やっていただきたいことです。

私たちがほしいのは、「皆さんの活動を県としても精一杯応援します」とか「専門知識をもった人材が必要ならいつでも手配します」とか「困ったらいつでも相談に応じます」とか「福井まで来るのはたいへんでしょう。私たちがいつでも出向きます」とか、そんな言葉です。

私たちの税金で雇われている県職員の皆さん。私たちの力になってくださいね!



2006/7/6  20:29

投稿者:hical

はい。いちいちイカっていてはいけませんね。はい。ちょっとした愚痴です。がんばります。
勢いに乗って昨日、民間の助成金の申請も出しました。うまくいけば、来年、更なる事業に取組んでいけます。
ところで、福井新聞に越前の海が特集されていますね。またそちらの海のことも聞かせてください。

2006/7/5  16:46

投稿者:masuda

お疲れ様です。
少しずつ、活動が認められてきていることは良いことですね。
高すぎる要求も、その一歩になれば良いのでは?
深く考えずに、今出来ることを1つずつクリアしていきましょう!
なかなか活動に参加できない私が言うのもなんですが・・・。ハハ・・

http://www.geocities.jp/xx_ocean_kids_xx/

2006/6/30  9:10

投稿者:hical

市役所の方はいろんな部署の方が何かと応援くださって、相談にも特急で答えてくださるので、感謝しています。みんな小浜を良くしたい、海がきれいになったらいいな、と思っているのが伝わります。
県とは今回始めてのやり取りなので、契約書の文言1つ見ても「偉そー!」といちいち引っかかっています。
でも、現場でお付き合いしている海浜自然センターや栽培漁業センターのみなさんはよくしてくださるんですよ!
「私も含めて 公務員ってこんな感じの人が多い」ですって?「私」は含めちゃダメです!大海の一滴であっても、その一滴が大事なんです。

2006/6/30  6:12

投稿者:ikeo

hical さんの言ってることが正しいと思います。
でも私も含めて 公務員ってこんな感じの人が多いと思います。それで公務員は国でも削減するって言われていて、しかしそれに反対する人はまあいない現実みたいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ