アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2006/9/2

海中散歩  

「福井の海に親しむ会」=海浜自然センターでスノーケリングの指導をしている人たちの会 の行事で三方海中公園黒崎半島(田烏と食見の境)の海中散歩に行ってきました。夏の終わりなので少しにごりが出ていたのが残念。それでもいくつか写真を撮ってきたので見てください。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します左の写真はムツサンゴたぶん陸奥湾のムツだと思うのですが、北の海のサンゴです。小さなイソギンチャクみたいな形。若狭湾が分布の南限です。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mobo/a.mutusanngo.htm

右の写真はソラススメダイ。対馬海流に乗って、夏の終わりに南の海からやってきます。日本海とは思えないトロピカルな感じの魚なので、これに出会えると得した気分。
http://www.saturn.sannet.ne.jp/swatch/sadosakana/sorasuzumedai.htm

こんなふうに若狭の海は、北と南の生き物が両方見れる宝の海なんです。
(画像はクリックすると大きくなります)



クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します同じような蛍光ブルーの海藻ヒラワツナギソウ私のお気に入りの海藻。不思議なことに、海からあげると赤い海藻です。
http://www.kobe-u.ac.jp/kurcis/KURCIS/kawai/kawai-home/seaweed-kobe/Red-algae/p121hirawatunagisou/p121.html

そして今回始めてみたフサイワヅタ。沖縄でお土産に売っているという「ウミブドウ」とよく似た海藻。少しちぎって食べてみたら、最初プチプチ、後トローリで、なかなかの美味でした。
http://www.kobe-u.ac.jp/kurcis/KURCIS/kawai/kawai-home/seaweed-kobe/Green-algae/p40fusaiwazuta/p40.html

小浜湾もきれいになったら岩場にはこんな生き物がいっぱいになると思います。「小浜湾を潜れる海に!」ですね。




2006/9/8  22:58

投稿者:hical

ヒラワツナギソウを最初に見たときには心奪われました。日本海にもこんなカラフルな海藻がある、ということが衝撃でした。

自分でも気がつかなかったんだけど、どうも海藻好きみたいです。潜っても魚より海藻ばっかり見ています。この時季、海藻はもう枯れる時期なのでちょっと寂しいです。

フサイワヅタのリンク間違っていたので直しました。

2006/9/8  18:51

投稿者:masuda

そろそろ南方からのキレイな季節来遊魚が増えてきましたね。中には毒を持つ生物もいますから要注意ですけどね。

「ヒラワツナギソウ」、よく見かけるけど、名前は知りませんでした。きれいな海藻だなぁって思ってただけでした。
「フサイワヅタ」なんか、普通に「うみぶどう」だと思ってましたよ。

う〜ん。勉強になりました〜!

http://www.geocities.jp/xx_ocean_kids_xx/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ