アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2006/10/17

藻場の聞き取り調査  サポーターズ

10月2日ダイビング部3年生2人と小坂先生&サポーターズ事務局二人で、内海漁家組合長の中島さんのお宅にお伺いし、内海の天然のアマモ場についてお話を伺いました。
クリックすると元のサイズで表示します

20年ほど前の航空写真をもとに、アマモ場の様子や砂浜の変化について聞かせていただきました。内海(甲ヶ崎)周辺はあまり変わっていませんが、北川河口から西津浜にかけての地形、砂浜の様子は現在とまったく違い、浜の変貌ぶりがわかります。改めて今後の課題も明らかとなりました。

この航空写真のほか、平成9年のナホトカ号座礁事故の後に行われた大規模な藻場調査の記録などをもとに、今後、再度周辺の藻場調査を行おう、ということで話がまとまりました。そして、先にお知らせした藻場調査が予定されました。

残念ながら台風の影響で荒天となり、藻場調査は実施できませんでした。今シーズン中はスケジュール調整が難しく、実施できないかもしれませんが、今後の方向性の見える有意義な話し合いとなりました。遅ればせながらご報告まで。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ