二本の映画の奇怪さ  邦画

クリックすると元のサイズで表示します

45年ぶりの再見

若松映画初期の傑作
川向う(明らかに被差別部落と思われる)からやってきた心優しきテロリストを秋山道夫が好演。
あの「山口 二矢」を意識した演出が見事!!

学生運動をどこかで茶化した「薔薇の連帯」には笑える。
アートシアターで見たこの映画、あの時代をふと思い出した。

_________________________

クリックすると元のサイズで表示します

SF映画のだいご味は味わえるが、正直分からないことが多々あります(笑)。
息詰まるような女主人公の息遣いがとっても良い。

私はSF映画はなぞなぞだらけでも一向にかまわないし、この映画を一発で分かる人はどんな頭の持ち主かと思ってしまう。

Last、結局夫婦の話になるけれどここが悲しく切ない。

_________________________________

いま血圧に最大限の注意を払っている。
性格的に徹底してしまうほうなので、なぜか自分に安心してしまう。
養命酒に黒酢があることを知る。

何か効きそうではある。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ