仮題「天使の爆殺」から「天使の恍惚」に  邦画

クリックすると元のサイズで表示します

私が20歳の時公開された若松ATG映画1972年

公開前の題名から詳しく製作過程を追いかけていたように記憶している。
そして、映画は必ずしも成功したとは言えず、今回改めて見直してもその考えは変わらない。

劇中「孤立した精鋭が世界を変える」というセリフ、テロ推薦映画のように言われたりもしたが、現在の目から見てもかなり思い切った映画であることには変わらない。

ただただ裸が多すぎて(笑)、退屈でした。

それでも、主演の勇気ある横山リエのファンでしたのでまずまず楽しめました。

クリックすると元のサイズで表示します


__________________

いまNHKの注目番組は沢尻エリカが進行係の「アナザーストーリー」が面白い。
最近の「オードリー・ヘプバーン」主演「ローマの休日」の裏話が興味深かった。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ