たまには、東映プログラムピクチャー  邦画

1970年公開ずべ公番長 夢は夜ひらく」を藤圭子見たさに借りる。

映画は東映お得意の女ヤクザ物で、取り立てて今見る価値があるとは思えないが、まあ出てくる人たちが若いことだし(笑)・・・。
当時、東映の映画はひどい状態で「小屋」でかけられていた。音声は割れ、映写状態もタバコ吸いたい放題だから、曇ってはっきりしないのが常態化していた。

改めて、DVDで見直して感じたことは、結構撮影もきちっとやっていて綺麗に撮れている。
本当に当時は、東映に限らずいい加減でしたもの。
でも、熱気だけはありました。

この映画に流し役で出てくる藤圭子、声量が抜群で本当に聞かせる。

クリックすると元のサイズで表示します

後の見所は主演の大信田礼子、なかなかかわいいことぐらい(笑)。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ