歌謡曲映画の傑作だ  邦画

「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない」
シリーズ物で多くは期待しなかったが、見て大いに驚きました。
傑作女任侠映画になっていたからだ。

トップシーンから何かしら監督のやる気と言うか、熱気のようなものが伝わってきてひょっとしたらレベル以上のものが、出来るかもしれないという思いをしていた。

映画というのは不思議なもので一度いい方向に転がりだすと、思わぬ結果を生むことがある。
この映画はその典型のようにも思える。
北原ミレイの歌が、意外にもこの映画の浪花節的なストーリーにあっているようにも思えるし、この歌謡曲が映画の成否を決めたと断言するのは早計だろうか?

誰も社会の枠からはみ出したくて、はみ出したのではない。そのわけを少しでも聞いてくれればこんな私にはならなかったんだ。
という日本人的な甘えがこの映画の下敷きになっていて、伴淳三郎がどうしようもない父親役を好演している。
ここの押さえが効いているからこそ、終盤、恒例の殴りこみシーンがカタルシスを生んだんだろうと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

女鑑別所(?)で間違って上映される「網走番外地」、壁に何気なく貼られた高倉健のポスター、こんなところがファンにはたまらない。

「ざんげの値打ちもない」余録
映画「八月の濡れた砂」ピアノ曲として流れる。
映画「歌謡曲だよ・人生は」オムニバス映画の一本として作られる。
いずれもなかなか効果的な使い方をしている。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ