若松ピンク映画を語りにくい!?  邦画

東亜樹関連のものを連続して投稿、そしてそれなりの方が閲覧しているようだ。

このブログは極めて少数派に支持されて、つまり10人前後の閲覧で十分であるのだけれどこの頃はちと違っているか?

やはり、たとえば多くの人に絶対支持されない若松ピンク映画等も語りたいのだけれど、もはや見尽くした感がある。

しばらくは流れに身を任せ「亜樹魂」に親しむことにする(笑)。



知人と亜樹ちゃんの話をしていたら、同級生がこんな動画を作っていた。
少し驚きました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ