memo  邦画

どっこい生きている
今井正監督作品、ニコヨンつまり日雇い労働者の苦悩を描いているが、映画的高揚感皆無、現実が厳しいからと言ってそのままを映画にしても誰も喜ばない。
不思議な映画、どこかで見たような感覚も残る。

戦ふ兵隊」戦前、日中戦争当時のドキュメンタリー映画。
モタモタした指揮振りが本当らしく見える。「勝ち戦」であった当時としては戦闘場面が極端に少ない。
「反戦映画」として軍部が怒るのも分かる。

浪速の恋の物語
ご贔屓内田吐夢監督、遊女の深情けと言うことか?
近松物、浄瑠璃、歌舞伎の知識がもう少しあれば、楽しめたのかも知れないと思った。
この当時の有馬稲子とっても良い。

白痴
黒澤作品、余りの退屈で途中でリタイア。
以前見た「どん底」もつまらない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ