« memo 3 | Main | memo 2 »
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程  邦画

「孤立した精鋭は世界を変える」という勇ましいポスターとともに、1972年公開したATG映画若松孝二監督作品「天使の恍惚」。
赤軍映画としてはかなりの不出来でがっかりしたものの、当時話題性ときわもの性で大ヒットしたように記憶している。

若松孝二の映画は当時過激派諸君のバイブルのようなところがあり、学園封鎖中の大学構内で盛んに自主上映されたものである。
日本暴行暗黒史」などというおどろおどろしい看板が書かれたりしていた。
彼の描くピンク映画は裸こそ出てくるものの、乾いたタッチで、性的興奮を呼ぶようなものではほとんどなかったように記憶している。

そういう若松監督も、現在肺ガンで、おそらくこの赤軍映画が最後のような気もする。

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」2007年公開映画は、止むにやまれぬ気持ちで赤軍に関わって行った若者たちを真摯な形で、若者側から描いている。
正直三分の二ぐらいを占める「総括」「自己批判」「共産革命」が飛び交う場面は退屈、真に優れた場面は、あさま山荘内部での映画的センスである。
徹底した内部映像は、かなりの苦労のあとが見えるし、管理人とのやり取りは本当に若者の心情が吐露されて、見るものの心を打つ。
若松映画で初めて涙を流しながら見てしまった。
若松孝二の遺書にもなってしまいそうな場面は、女性に対して限りない優しさを持った監督であったのだと再認識させられた。

彼が本業の場としていた、ピンク映画は決して女性を蔑んでつくり続けたものではない。ファンは当然そういうことは分かっているのだが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ