やくざ映画というけれど  邦画

クリックすると元のサイズで表示します

体調が戻り、2時間以上の日本映画を久しぶりに堪能した。
所詮やくざ映画なれど、俳優陣の張り切りは半端ではない。

やくざと軍人は俳優としてはやってみたい役だという。

やくざなんというものはとんでもないと思いつつ、そういうはみ出してしまった人がいることも現実である。
http://www.megane-tomiyasu.com/original8.html

_____________________________

ヤフオク! 2018年11月度 出品マスター ブロンズ
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/tomiyasu22_0210?userID=tomiyasu22_0210&u=tomiyasu22_0210

当店最終的には「ヤフオク」で生き残るのかもしれないと思っています。
どんな形でも眼鏡屋の血は絶やさない。

_______________________________________

私のかかりつけ医
ややぼけかかって患者が極端に少ない。
待ち時間ほぼなし。

実に気持ちのいい環境だ(笑)。

自分のことは自分で考え医者にかかる。

ところが薬局が小うるさい。
実に困ったことだ。

いずれ人は平等に死んでいく。
だからこそ、治療も適当でいいと、私は思っているがこんな患者は皆無なのだろう。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ