映画「教誨師」  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


地味な地味な映画です。
こういう対話形式の映画は珍しいです。

大杉漣の独壇場というよりも、何やら遺書めいた映画に見えるのは仕方がないのかもしれない。
こういういい映画が最期になったのは、役者みょうりに尽きるだろう。

死刑囚の実態にかなり迫っているものと私は思うのだが、どうだろうか?

「棚の隅」という大杉漣の商売映画の大傑作があるけれど、それに近いものがある。
是非多くの人に見てほしい。

ラストの日常がいい。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ