疲労感  邦画

今回の動画「暗黒史」やはり、こういうものは疲れます。
自分では楽しんで作っていたつもりなのですが、いざ完成し公開してみると、そこで時計が止まったような感じなのです。

基本的には暗い映画は好きなのですが、実をいうとここで取り上げたような作品は暗さを通り越しているんですね。

人に見せるようなものではないことも、一方では事実なのですが、裏日本映画史としては押さえておかなければいけない事でもあるわけです。

だから、この動画はひっそりと映画史の片隅で生きていけばよいと思っているのです。

視聴者は100人前後で終わってほしいと思うようになっています。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ