今、超AIが面白い  テレビドキュメンタリー

NHK 超AI入門特別編 世界の知性が語るパラダイム転換
第1夜 「脳と宇宙がつながるとき」6/26日放送

この番組を含めNHKのドキュメンタリーはSF映画をはるかに超えている。
詳細は私には説明できないけれど、感覚としてとっても新鮮である。

アナログ的に宇宙人とコンタクトを取ろうとしてはとても無理だということ、AI的思考、AI言語で交信すれば意外と簡単だという発想、目からうろこ、少し前だと危ない人たちの発想であったかと思うと、今の時代の面白さでもある。

ますます混沌が加速されそうではあるが、、、

そうそうアニメ「君の名は」、この混沌さの面白さと共通なものがあると私は勝手に解釈している。

商売も製造業も、そして人間さへもどこへ向かってよいのかわからない。
この面白さは尋常ではない。


ある記事を読んだ。
「経営には芸術的センスが必要だ」

結局これからはノウハウは一切存在しない。
人間の鍛え抜かれたセンスのみが生きるすべということなのか?

私にもわからない。

__________________

なぞなぞ゜SF動画が出来そうだ(笑)。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ