no.13■「勝手にしやがれ」1959年・評価【3】  邦画

<アメリカン・ニュー・シネマにも影響を与えた不朽の名作。警官を殺しパリに逃げてきたミシェルは、アメリカ人のガールフレンド・パトリシアとの愛を楽しむが、警察の追っ手が近づき…。>

現在の目から見ると普通の映画に見えてしまう。
世界の映画史のなかでも特に有名な何本かは、逆に見る気が起きないものなのである。

ジーン・セバーグがとっても素敵、後に不幸な死に方をしているけれど人の一生は本当に分からないもの。

クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ