神楽坂恵という女優  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


日本映画好きでもどうしても相性の悪い監督がいる。
その中でも最右翼は園子音監督、新城市の隣町豊川市出身、ご近所さんに知り合いの広告屋さんがいる。

「恋の罪」をどうにかこうにか見終わった。
かなりの苦痛であった。
水野美紀のファンであること、そして最近知ったのだが 神楽坂恵は監督の奥様である。

神楽坂恵はいつのころからファンであった。
この映画でのかんばりは半端ではない。

しかしながらリズムの合わない映画ほどつらいものはない。
「裸がなんじゃい」というような過激な映像に神楽坂恵が出演したのも意外だが、監督とのきずなのようなものがないとこういう映画は成立しないだろう。

園監督のものは初めて最後まで見たが、もう彼の作品は御免だ。

神楽坂恵と水野美紀作品は、もう少し見てみようと思う。




0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ