no.33■「タカダワタル的 」2003年・評価【3】  邦画

<“国の認めない人間国宝”と謳われる伝説のフォークシンガー・高田渡に150日間密着した、フィクションよりも衝撃的なドキュメンタリー。下北沢や京都、大阪などでのライブの模様から、武蔵野の自宅アパートまで、彼のすべてにとことん迫っていく。>

極端に言わなくとも高田はアル中、つい最近急死したのも酒が原因だろう。
それは本人も本望だっただろう。
酒飲みとはそういうことらしいが、私のように酒をたしなめないものには理解できない。
ドキュメンタリー映画は本人が魅力なのが成功への第一歩。

人間高田が良く撮れている。

クリックすると元のサイズで表示します


1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ