no.37■「風の外側 」2007年・評価【4】  邦画

<奥田瑛二が監督を手掛け、モデル出身の佐々木崇雄と奥田瑛二の次女・安藤サクラが共演したラブストーリー。オペラ歌手を夢見て合唱部でソロを歌う女子高生と、在日朝鮮人三世のヤクザな青年が繰り広げる恋を綴る。>

奥田家総出の映画だけれど、全然「家族映画」になっていないのがすごい。

ヤクザはヤクザなりのけじめのつけ方には、一定の理解は得られるように思う。

クリックすると元のサイズで表示します


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ