瀧の白糸  邦画

瀧の白糸(活弁入り)
昭和8年製作
かつ弁の効果を含めて大いに感動させてもらいました。
http://www.megane-tomiyasu.com/original8.html 180番に

この映画歴史的には大体の筋等々含めて知ってはいたが、なかなか無声映画は見る機会(気力?)がない。
戦前のはるか前、ここまで映画が完成されていると、現在の映画がなぜか物足りなくなる。
「映画魂」に火が付いた。

少し昔の映画を探してみることにする。

*******************

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


**********************

午前中
眼科に白内障、緑内障の薬をもらいに出かける。
患者でいっぱい

完全に密状態

それにしてもコロナ禍
政治家のお些末さが次々に明らかになる。

この程度の政治家を選んでいる国民も、また批判されてしかるべきなのだろう。

「後援会」という怪しい組織
私はてんで信用しない。

「自分の牙は自分で磨け」
なんて叫んでいた日活映画を思い出す。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ