日活ニューアクション  邦画

クリックすると元のサイズで表示します

1970年代日活が破綻する前に盛んに作られたアクションもの
この映画も以前見ているのだが、改めて見ることにした。

ニューアクションと命名したのはかなり後のようにも思うのだが、どうも陰惨さばかり目立つものであまり印象はよくない。

映画の中に若松孝二監督の「現代日本暴行暗黒史」の看板が出てきたり、水前寺清子の歌が流れていたりして懐かしい。

このあとすぐに日活はロマンポルノに移行するわけで、この映画のわき役たちも主演を張ることになる。

*******************

今日は栗の木の伐採
ほぼやり終えすっきりした。業者に頼めば20万ぐらい請求されるという。

新型コロナ禍
第4波到来、私たちはどう乗り越えるのか十分に頭を使わなければならない。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ