ピンク映画のノウハウ  家業(眼鏡)

クリックすると元のサイズで表示します

「ピンクリボン」というドキュメンタリー映画のポスターである。
この映画なかなか面白い「日本映画裏面史」になっている。
勉強にはもってこいの素材なれど、ここではピンク映画の膨大な「ノウハウ」に付いてのみ考えたい。

私もささやかながらインターネット販売を6〜7年やっている。
そこで蓄積されたものはけっして表には出ないけれど、大切な目に見えない財産なのである。

何事も長く続いていることは、何がしかの「肝」のようなものが存在するはずだし、それが何なのか口で教えられるものでもない。

裸さえ出せばなんでもできるピンク映画、なにか生き残りにかけた執念のようなものが業界に存在しているようにも思える。
翻って、私のインターネット専門店もそれにあやかりたく死ぬまで続けられたらとひそかに思っている。
「家業」として・・・・

0

デザイン  家業(眼鏡)

このところずっとお休みしていました。このブログも少しづつ再稼動したいと思っています。
このようなデザインに代えてみたものの、どうもしっくり来ない。
あらためて考えたいと思います。
0




AutoPage最新お知らせ