商売人の背中と孤独  家業(眼鏡)

映画「がんばっていきまっしょい」は田中麗奈の出世作。

映画は劣等性ぎみの女子高生が、ボート部を設立しみんなで頑張ろうという、いわゆるスポ根物に近いと思う。
とってもよく出来ていて、おそらく万人が充分に堪能できるであろう。

クリックすると元のサイズで表示します


主人公の父親を「白竜」が演じているのだが、これがとってもいいのだ。

クリーニング店を母親と営んでいて、一見冷たく娘に対するのだが、そのぶきっちょな愛情表現が男としては、とっても理解できるのである。

父親はいつの時代も家庭の中では日陰者、表舞台は母親かもしれないと、この頃特に思う。
「キャッキャ言うあなたたちは嫌いだ」というセリフを女コーチに言わせているけれど、これこそが男の本音だと思う。
男には出来ないのである。

男は年をとればとるほど、世間のしがらみとやらを身につけ、重い鎧を着てすごさなければならない動物なのである。





0




AutoPage最新お知らせ