どうも?の作品群  邦画

ともしび」1954年 家城巳代治監督、独立プロ作品、香川京子出演、さすがに貧乏物ばかり見ていると見るほうもくだびれて来た。
政治闘争の具として映画ができていることが一層むなしい。

三本木農業高校、馬術部 〜盲目の馬と少女の実話〜
尊敬する佐々部清監督作品、珍しく成功した作品とは言えまい。動物ものの映画は批判がしにくいが、主演の大物二世女優がどうにもこうにもうまくない。

けものみち
池内淳子が頑張りを見せる、当時は傑作であっただろう作品も現在の目から見るとなんとも時代錯誤の感じはぬぐえない。
黒幕が日本を動かしているという・・・こと等。

クリックすると元のサイズで表示します


いい映画を観てこそ感想は書けるもの、どうも筆が進まない。
1




AutoPage最新お知らせ