no.30■「海底2万里 ディープ・シー20000 完全版 」2002年・評価【3】  邦画


<32,000kmの深海に潜航する巨大潜水艦ノーチラス。人類の未来を賭けた闘いの幕が今切って落とされた! 『デンジャラス・ビューティー』で渋い演技を披露したM・ケイン主演の海洋アドベンチャー。既発売のビデオ版に45分の未公開映像を加えた完全版。>

この映画はどういう経緯で、三時間を越えるような映画になったのか定かではない。
しょぼいCGと相まってあまり真剣に見なくてもいいような、定番のお話である。
昔、本で読んだこともあり、おやつを食べながら見るにはちょうど良い冒険物である。

クリックすると元のサイズで表示します


1

no.29■「ハッピーフライト 」2008年・評価【1】  邦画

<『スウィングガールズ』の矢口史靖監督が航空業界の裏側を描いた群像コメディ。機長昇格を目指す副操縦士・鈴木和博や国際線デビューの新人CA・斎藤悦子らが乗るホノルル行き1980便は、飛行前の準備を何とか終えて定刻通りに離陸するのだが…。 >

贔屓の矢口作品では最低の作品です。途中で時間の無駄と思いやめました。
そもそも、安全が最優先の飛行機会社とコメディが成立するかとも思うが、いずれにしろ見ていて腹立たしい。

何かこの愚かな映画が作られた裏がありそうで、そちらのほうが怖いです。

クリックすると元のサイズで表示します


0




AutoPage最新お知らせ