No.018◆「成熟」1971年・評価【4】   邦画

<『高校生ブルース』に始まる関根恵子の集大成ともいうべき作品。山形の鼠ヶ関には古くから“みこし流し”が行われていた。その日、農業高校写真部のゆう子は、ライバル高校の隆二と出逢い、お互いに好意を感じ次第に惹かれ合っていく。>

ほとんど期待しなく見た映画だったが、これが意外や意外とっても面白いのだ。
この当時の大映青春映画はかなり見ているものの、どれもかなり暗く陰鬱なものが多く見るのをためらったりしていた。

山形県の風土がとっても良く、バックに流れる民謡と合った素朴な話が、当時の風俗描写と合致しそこはかとないいい感じなのだ。
専門家が無視しようがこういうお話は好きである。

クリックすると元のサイズで表示します


裸のポスターと映画の内容はほとんど関係ないのだが、こんな姑息な売出し方が当時ははやっていたものである。
1




AutoPage最新お知らせ