No.070◆「愛のお荷物 」1955年・評価【2】    邦画


[川島雄三監督が手掛けるコメディドラマ。増え続ける人口に歯止めを掛けるべく、新法案を打ち出した厚生大臣・新木錠三郎。そんな中、彼の息子は恋人から「できちゃった」と打ち明けられていて…]

時代は高度成長前の爆発的人口増加。
なんとも時代遅れのコメディと笑うこともできるが、当時としては精一杯の感じがする。
北原三枝がスタイル抜群。

クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ