No.041/2011◆ 「酔いがさめたら、うちに帰ろう。 」2010年・評価【3】  邦画

監督:東陽一
出演:浅野忠信、永作博美、市川実日子、利重剛、藤岡洋介
人気漫画家・西原理恵子の元夫で、2007年に亡くなった鴨志田穣の小説を浅野忠信、永作博美主演で映画化したドラマ。戦場カメラマンの塚原は漫画家の由紀と結婚しふたりの子供にも恵まれるが、いつしか酒に溺れてアルコール依存症となってしまい…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご贔屓東監督作品。
硬軟何でもござれの監督、エロチック映画最高傑作「うれしはずかし物語」、政治色豊かな「やさしい日本人」ATG映画の傑作「サード」、子供への視線がやさしい「風音」等々

今回の映画もとってもいい。
芸達者を揃えた事も成功の原因だと思うが、全体のやさしい語り口がストンと心に入り込むような感じで気持ちいいのだ。
私はアルコールを嗜まないので共感はしにくいけれど、家族の有り様はこうありたいと思える。
つまり、形態はどうあれ、心で繋がっていたいと・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

つい「反省しています」と言ってしまう浅野くんの表情がいい(笑)。


0

No.040/2011◆ 「完全なる飼育 女理髪師の恋 」2003年・評価【3】  邦画

監督:小林政広
出演:北村一輝、荻野目慶子、林泰文、竹中直人
松田美智子原作「女子高校生誘拐飼育事件」を映画化した官能衝撃シリーズ第5弾。自堕落な夫と暮らす理髪店の女主人・ハルミに想いを寄せるケンジは、彼女を拉致監禁し飼育する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このシリーズ若松孝二監督作品で気に入り、小林政広監督も見ることにした。
実はシリーズタイトル「完全なる飼育」というのが実は大いに邪魔なのたが、興行的にはやはり必要なのでしょう。
今回もどこか汚いイメージが湧いてくるのだが、結構まともな大人の映画に仕上がっている。
透明感のあるりりーの歌もいい。

主演の荻野目慶子、かつて1980年「海潮音」の清楚なイメージはどこへやら、キレ風演技満開
荻野目、恋人の映画監督の自殺あたりから、徹底的に演技が変わったように思えるのだがどうなのだろうか?

映画は大人の自由な恋の一端を見せてくれる。
これはこれで納得した一本でした。

クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ