永遠の人  邦画


クリックすると元のサイズで表示します


「永遠の人」
製作年:1961年日本映画を代表する名匠・木下惠介監督が阿蘇の大自然を背景に描く女の復讐劇。阿蘇の小作人の娘・さだ子には隆という恋人がいたが、戦地から帰還した地主の息子・平兵衛に犯されてしまう。さだ子はショックから自殺を図るも命を助けられ…。
監督:木下恵介
脚本:木下恵介
撮影:楠田浩之
音楽:木下忠司、
出演:高峰秀子、佐田啓二、仲代達矢、石浜朗、乙羽信子、田村正和、藤由紀子、加藤嘉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は、この映画を見ながら10か月ほど前の離婚調停を思い出していた。
元妻が離婚届に捺印を要求したとき、一瞬の笑顔の中にかつて仲が良かったころの面影を見たような気がした。
それはおそらく蜃気楼にも似た光景のようにも思えるのだが、もう元妻に真意を確認しようもない。
それは、30年にもなる結婚生活が終わったこと意味していた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
映画「永遠の人」は暗くよどんだ結婚生活を阿蘇の自然の中で、透明な音楽とともに描かれる。
卑劣な映画として見ることもできるのだが、私はこの地獄のような夫婦そして子供に、さらに親にかなりの共感を覚える。

この感情は小津安二郎監督の「東京暮色」を見たときの感情に似ている。
つまり、出発はどうであれ、生活を共にすることによる人の感情の推移にどうしようもなく「人間」を感じるのだ。
うまく説明できない。

憎しみと愛情は紙一重

公開当時、この映画失敗作とされただろうことは予想がつく。
しかし、現在の目で丹念に検証すると、とんでもない傑作のように思える。少なくとも私にとっては木下作品の中では最も好きな映画に近い。

「チンバ」「カタワモノ」等々、差別用語が平然と使われるおおらかさ。
CGのなかった当時、滝壺での自殺未遂の怖さ、さらに阿蘇火口での自殺場面のすごさ、、、
俳優陣の行き届いた演技、とりわけ子供たちの演技は素晴らしい。
自殺する若き日の田村正和がいい。
名前はわからないが学生運動に関わり追われる次男、母親と五分の話し合いが凛として素晴らしい。

そして、ラスト夫婦の怨念とともにそれでも一緒に歩いていくだろうことを決意する。

私はこの映画を「覚悟」の映画と見た。
人生は思い通りにはほとんど行かないと思ったほうがよい。それでもほんの一つか二つうまくいくことがある。
それが幸せとは考えられないだろうか?

この映画の夫婦が地獄まで付き合えるとしたらこんなに素晴らしいことはない。
?????????????????????????????
実をいうとこの映画を昨日見たのだが、今朝はぐったりしてめまいまでする始末。
何とか会社までいき仕事をこなしてきたが、こんなことは初めての経験。
ストレス解消が目的の映画鑑賞が、どうも膨大なストレスを抱え込んでしまったようだ。
幸いにも、現在は元気になり整理のつかない感情を駄文にしています。

こんなストレスなら歓迎だ!?

0

生きてこそ  健康


クリックすると元のサイズで表示します


今日、外は雨模様
じっくり本を一冊読み終えた。

五木寛之の本はいつも優しく読みやすいのがいい。

ささやかに生きてきて、好きな仕事があり、家庭はないけれど好きな映画、音楽に親しめる環境は至福でもある。
所詮人は一人で死んでいくと覚悟を決めれば、大概のことはおおらかに対処できるだろう。

私もここまで生きてこられたのだから、あとの人生余禄みたいなもの、つまり五木の言う「下山」にさしかかるわけで、ここからが結構楽しみな部分でもある。

淡い人間関係を良しとしよう


0

不道徳な映画  邦画

氾濫
製作年:1956年
クリックすると元のサイズで表示します


映画は基本的には反社会性を描くことに臆病ではなかったはずだし、そうであるからこそ大衆に支持されたのだと思う。

1956年当時ここまで不道徳な家族を描くということは、かなり勇気のいることだったと思える。
家族全員が不倫に近い状態だと、観客としてはどこに視点を置いて見てよいのかわからない。
家族崩壊に近いラストはこれでよいのかもしれないが、どうにも気分が悪くなるような映画だった。

当時私は4歳、私の家の道具入れの中に拳銃の弾丸があったし、古いタンスの中には農民用の錆びた刀が残っていた。
人々は戦争の影を残しながらも、清く貧しく生きていた時代なのだ。
そんな時代背景と全く相反するこの映画はまさしく「不良の見るもの」だったのだろう。


口直しに好きな歌を!!

0

川嶋朋子の初見?  邦画

現金狩り 最終出口
製作年:1999年
クリックすると元のサイズで表示します


いかにもVシネマらしい安手づくりのアクション映画である。
日活時代活躍のシナリオライター永原秀一に期待をしての鑑賞。
まずまず見られる映画になっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

主演女優「川嶋朋子」で、よくは知らないのだけれど頑張りが光る。
女優さんだから当然美人ではあるのだけれど、健気さと芯の強さが際立つ。

映画のラスト、男は女に裏切られるのだけれど、男は愛した女に最後までやさしい。
そう、男の責任とは、女を愛するとは・・・
自分を捨てることさえも厭わない。うーんこれはいい(笑)。

この美学はシナリオライターの功績だと思う。
2

シルビア・クリステルが亡くなり・・・  邦画

若松孝二監督まで死んでしまった。

クリックすると元のサイズで表示します


猛烈暴力映画の向こうに私たちは何を見ていたのだろうか?
彼の映画に私は一度も欲情したことはない。
猛烈場面にいつもある種の同情のようなものを持っていた。

女優さんも大変だと・・・

そして、いつの間にか若松孝二はNHKの番組で子供相手にお話をしていたこともある。
「ようこそ先輩」で

ピンク映画の世界からも少しずつ遠ざかったのも、彼一流のテレであろう。
少しでも日陰で日陰でと思いながらも、晩年は立派な表舞台に上がった。

それでも私は初期のピンク映画が懐かしい。
日本暴行暗黒史」とか
主演吉沢健とか

もう、彼と仲良しだった大島渚も病床、竹中労もいない。

天国でも映画が作れそうだ。
・・・・・・・・・・
裸で革命を叫ぶ「セックスジャック」笑えるには笑えるが・・・

取り留めもなく彼の初期のピンク映画を思い出す。

天使の恍惚」主演の横山リエは今いずこ?

・・・・・・・・・・
   合掌!!
http://takenaka-kinenkan.jp/diary/index.html
1

映画「青い鳥」2008年作品  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


この頃はまともな映画に全く出会っていない。
この映画は知人が褒めていたものだから見てみようかというぐらいの、かなり不純な動機だ。

吃音の教師と生徒たちのふれあいということになるのだろうけれど、これがなかなか良くできた一篇の映画なのだ。

いじめに関わる対処法などを提供するわけでもなく、ひたすら弱者の側の立場を丁寧に説明するにとどまるのだけれど、それが何故か涙なしには見られないという寸法。

不思議な感覚の映画はラストまで続く。
想いを寄せる伊藤歩との別れのシーンがとんでもなく物理的距離があるのだ。

私はそこが大好きなのだが、校門を挟んだ距離こそが現在の学校教育の現状なのだと思う。

ザ・中学教師 」平山秀幸監督 1992年製作
それ以来の傑作だと思う。

おそらく学校現場ではもっとも無視される一本だろうけれど・・・。
1

取り急ぎの記  日々のこと

「肝のう胞」ついた病名はこれ
今日はお休みを取って病院へ

肝臓に水たまりができたと思えばいいようだ。まれに癌化するから気を付けるようにとのご託宣。
ちょっと気分屋のセンセイ、冷たく言い放つが、これはこれでセンセイの個性なのだろう。

いずれにしろ安心した。
70歳までダブルワークをする予定なのだから、少しのことではくたばれないのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして午後からメガネレンズの新製品の発表会に名古屋まで出かける。
やや遅れたが何とか出席できこちらも一安心。

今日は200キロ近く走破した。
くたびれたが気分のいい一日だった。

健康が何よりです。

クリックすると元のサイズで表示します

この本、私はまるで面白くなかった。
真っ当な死に方が幸福をもたらすというような感じが違和感だらけ・・・
死に貴賤はない。
畳の上で死のうが、自殺しようがそれはそれ・・・。

真っ暗闇の死のほうに私は興味が引かれる。

私は死んでからのことなんかどうでもだけれど、葬式無用、戒名無用、近くの川に散骨
葬式ほど迷惑なことはないのだから・・・。
0

素人の考える「脱中国」  日々のこと

今日は夕方から中学時代の同級会、実はちょっと気が重い。
会いたいことは会いたいが、恥ずかしくもあり、いまさら人生観を披露しても始まらないだろう。
ただ、高齢の恩師には会っておかないことには・・・。
それだけ・・・

*************
仲よくしたいと思ってもどうしても仲良くできないときは、個人でも国でも一緒なのだろう。
では、どうしたらよいかと言えば、簡単には結論は出ない。

お別れしてもよいし、ぐちゃぐちゃの関係でもよろしい。

「話せばわかる」ということは学校教育の場でこそ通用するが、現実は????だろう。

言えば「覚悟」でしょう。
個人は本来の素の自分に戻ること。
国家は鎖国しないまでも、国内回帰・・・。

個人のことはさておき、以前にも書いたように「脱中国」意外にいい結果が出るように感じている。
私のメガネ業界はかなり以前より、チャイナ製品を信用していないけれど、他業界もいい機会として国産品に戻っていくだろうという予感がしている。
いつまでも100円ショップのようなものが繁盛するとは到底思えない。

信頼のおける国産品を扱い気分よく商売をしたらいい。

いがみ合って商売のためにだけ付き合ったり、卑屈になったりと、、、
昔の「大阪商人」のようなえげつなさはさっさと捨てなければ・・・

寺山修司的に言えば
「狭い地域を捨て町に出よう」と・・・

クリックすると元のサイズで表示します

10,000円の価値とは・・・消費者に判断を委ねます。
0

CT腹部造影撮影  日々のこと

再々検査で病院に出かける。

肝臓を中心とした検査、造影剤の注入が気持ち悪い。
その時は体が熱くなる程度だったが、午後からとってもだるく本当に参ってしまった。

やっと夕方から普通に戻ってきた。
結果のお楽しみは一週間後ということで・・・
この年になるとほとんどいつも「覚悟」はできているつもり?

クリックすると元のサイズで表示します

ノーベル賞一色のマスコミ、独創の天才はいるものですね。

メガネ屋としては彼のメガネに興味が。
超弾性樹脂テンプルが特徴のナイロールフレーム、メーカー名は不明です。

中国、韓国の人たちのコンプレックスに拍車がかかるかもしれないけれど、おめでたいことです。

*************
もっとはっきり言おう。
誰かの真似をしていてもいつかはメッキがはげる。

私どもメガネ業界では、一部の安売り店を除いて誰もメイドインチャイナを信用していない。
いやいや、話が方向の違うほうに行ってしまった(笑)。

私も山中センセイにアヤカリタイ



0

「何とかならんか?」  邦画

大滝秀治が亡くなった。

高倉健との傑作共演作「冬の華」の中で、どうしてもやくざの足を洗えない健さんにいみじくもはいたセリフが「何とかならんか?」素晴らしい場面だった。

本気の演技がいつも嫌味に聞こえない稀有な俳優だった。
「特捜最前線」など冗談のような真剣さがおかしかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は父母の法事、親しい身内だけ集まった。
特に「不思議な母親」の話も少しずつ少なくなり、時間というものは正直に人々の関心がほかに移っていることを感じさせる。
それでいいのだけれど・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

いまさら戦争映画でもあるまいが、円谷英二の特撮はしみじみと懐かしい。
パターン化されたCGは見たくないことが一つの要因ではあるけれど、飛行機のシーンは本当にほれぼれするぐらい気持ちがいい。

0

奇妙な映画  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


三島由紀夫主演「からっ風野郎」増村保造監督作品 1960年
徹底的に監督にしごかれながら三島が懸命に演じたというやくざ、これがなかなか魅力的ではある。
失敗作ではないが、成功作とも言い難いが映画ラストなんか、なかなかおしゃれな洋画風終わり方である。
生の三島がこういう形で残っていることはやはり貴重だと思う。
出来ればいつかあのATG映画「憂国」をぜひ見てみたい。

「憂国」は完全に廃棄されたと思ったが一部の人が秘匿していたという。

**************************
馬渕晴子さんが亡くなった。
「祭りの準備」「星空のマリオネット」ATG映画が印象に残る。

クリックすると元のサイズで表示します

合掌
0




AutoPage最新お知らせ