たけし映画への疑問  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


「アウトレイジ ビヨンド」前作よりかなり出来は良い。登場人物が整理されわかりやすくはなっている。
一流の俳優陣が大挙出ていて、北野武が今や大御所監督であることが証明された形でもある。
男優たちが気持ちよくヤクザを演じていることはわかるが、この映画の存在価値が見いだせない。
人があまりにも簡単に殺され過ぎるのは気持ちがいいものではない。
たとえそれがヤクザでも・・・。

もうたけしの暴力映画は飽きた。

晩年の黒沢明、宮崎駿、北野武、みんな同じように晩年の作品はつまらない。
0

模様替え  家業(眼鏡)

クリックすると元のサイズで表示します


行きつけの喫茶店のマスターのご厚意により、立派な中古応接セットいただき早速お店の模様替えをいたしました。

お店と言っても田舎の古民家ですから、さほど変わるわけでもないのですが、せめて店内(亡父の使っていたカラオケルームを改装)だけは大理石のテーブルと本革ソファーでなかなかおしゃれに変身したと思います。

大理石のテーブルの重いこと重いこと、石ですもの当たり前か(笑)。

お客様の反応が楽しみです。


0




AutoPage最新お知らせ