銀行員必見の映画  邦画


クリックすると元のサイズで表示します


銀行員の横領話
実を言えば、私のかつてのつれあいはこの映画のようなお仕事でした。
私にも守秘義務は当然あるわけで、現在の状況でも言えないことが多々ある。ということは日常として同じようなことは起きているということです。
表に出ないだけなのです。

この映画で成功しているところは、おそらく仕事の進行具合が現実にかなり近いと思われるところ。映画は忠実に再現しているのだろう。

それでも私はこの映画は好きになれない。
お金に翻弄されるのはまっぴらだから・・・・。

映画自体は本当によくできている。ラストの逃走場面、全力疾走の宮沢りえはすばらしい。
堕ちる快感も的確に表現されている。


0

社長のメガネ  日々のこと



トヨタの役員女性の麻薬疑惑は捜査を待つしかないのでしょう。

私が気になったのは社長の高級縁なしメガネがずり落ちること。豊田社長の鼻筋が細いため、融通の利かないと思われるこのフレームが落ちてしまう。

一般的に縁なしフレームはパット部に欠点を持っていることが多く、フレームを勧めたメガネ屋のセンスが疑われる。

*************
閑話休題
最近、転倒し胸を強打、二週間ほど湿布をして過ごした。湿布箇所がかぶれ往生しました。
さらに、歯周病が悪化二月ほど歯科医院行き。

いずれも老化なのでしょう。
直りが悪い。
0

映画もう一本の「日本の悲劇」  邦画

やはり、木下惠介監督版「日本の悲劇」を意識しているのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します


小林政広監督「日本の悲劇」もやるせなせい老人問題に言及しつつ、大人の芝居をとことん見せる。
仲代達矢、北村一輝ファンは納得の一本か?
************
NHK「探検バクモン」「ハンセン病をしっていますか」がなかなか硬派な力作、進行役「爆笑問題」のスタンスが変わらないのがいい。

しばしほろっとさせられました。

映画「砂の器」を思い出す。
0

ネットの評判  日々のこと

毎日会社への通勤途中にセブンイレブンに寄っていく。
最近「ハムカツ」が美味しいとのこと。
自宅に持ち帰り早速試食、なるほど肉厚で税込み110円ながらなかなかのボリューム、考えられた商品だと思う。
次回はカレーにトッピングしてみよう。
いけるかも・・・・・

いまこそ価格と価値が試されているときはないのだろう。
*****************
もう6月
梅雨が間近

体力と仕事を考えながら動くことにしているが、やはり年齢なりの疲れが残る。
・・・・・・・
つまらない映画より弱いホンダF1に肩入れ。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は暇ネタでした(笑)。
0




AutoPage最新お知らせ