一本の映画が・・・memo  邦画



「カミハテ商店」高橋惠子×高橋伴明 監督は新人山本起也 全く知識なく鑑賞。
実に久しぶりの興奮、はてどう感想を書こうかと思案。

伴明がプロデューサー的に関わればある種の予感がはたらく。

この映画のアナーキーさは私には居心地がよい。
人はいつかは死ぬ。しかしそれまでは生きなくてはならない。

無用な感想を拒否するような力がこの映画の中に存在する。
この映画を所有し、繰り返してみなくては私は納得できないように感じる。

高橋演じる老女の足取りに私も共感、このリズムが映画全体を支配する。
自殺を止めない映画だけれど、この映画は自殺防止にもなる。

「そっちに行ってはいけない」
断崖に立った「知的障害者」を引き戻しているではないか?
最大の疑問ではあるがいい場面だ。

生きることは「修行」でもある。
一軒の商店の役割はこれで充分なのである。
映画の中でも実際の場面でも・・・。

最後は「無」当たり前ですが。


0




AutoPage最新お知らせ