連休  洋画

今日から一週間お休み、暇があってもお金はなしといったところ。
日頃できないことをしようと思うのだが・・・・。

結局つまらない映画を配信で見てしまった。

クリックすると元のサイズで表示します


贔屓のリドリー・スコット監督作品「オデッセイ」、地味なSF映画一向に弾まない。ラストが読める映画ほどつまらないものはない。CGがすごいという時代は過ぎた。

****************

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも贔屓の「BABYMETAL」いまだに左右の女の子の顔の区別が付きにくい。
とくにダンス中は同じように見えてしまう。

どこにでもいる普通の子がブレイクしているのは嬉しい。

何かが変わることそれに立ち会えること、それはとても興奮することなのだ。
いま日本は、従来のシステムの大きな変革の時期に差し掛かっていると日々感じている。

この若き三人組、日本のトップ企業の不祥事の連続、テレビ業界の苦境、山口組の分裂・・・

信じるものを自分の中に構築しないことには、結構危ない時代に入ったともいえる。

ともかく自分で考え行動すること、それに尽きるでしょう。
0

車中音楽試してみました  家業(眼鏡)

さすがに「BABYMETAL」の音楽では落ち着いて運転はできなかった。



やはり、演歌でしょうか(笑)。
石川さゆりか藤あや子・・・でゆったり安全に運転を楽しみたい。

**************
ところで本業「メガネ」について
ほとんど遠近両用の意味を誤解している販売業者がいる。これにはさすがに参りました。大手チェーン店では眼鏡教育より売り上げに血道を上げているのだろう。
それを買わされたお客はまさに詐欺にかかったようなものです。

だからこそ当店の存在価値もあるのだが、何やら気の毒に思える展開なのであります。

遠近両用のレンズの進歩も体で覚えています。
昔々のお話ですが、ひどいものを売っていた時期がありました。いまから30年以上前です。

いまのレンズは夢のようなものです。
作り手の技量が伴えば怖いものなしです。



0

神バンド  芸能界

あらためて「BABYMETAL」の曲を聞き込んでみた
すさまじいテクニックのバックメンバー「神バンド」と呼ばれているらしい。
どこか神がかりの集団

2016年という時代が生んだ「スーパースター」の誕生だと断言してもよいのだろう。
もう世界規模です。

物事には「旬」があります。
いまが旬だとしたら、そこに立ち会えることは幸せだと思う。そしていつかはおしまいがあるのですが、いけるときはどんどん行けばいい。
いずれにしろ60過ぎの私にもこんなことが起こるなんて、長生きするものですね(笑)。
CDも借りました。会社の往復時、車中で聞こうと思う。

****************

クリックすると元のサイズで表示します

アマゾンプライムでの作品

渡哲也が圧倒的に良い。傑作である。目に力がある。
それこそ渡の「旬」の代表作
0

女性が一番美しかったころ  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


映画「アカシアの雨がやむとき」 1963
 主演浅丘ルリ子がまずもって美しい。そして西田佐知子が意外にも堂々とした演技で驚き、その地味風美貌でもルリ子さんといい勝負である。
映画の中身は、無理やり主題歌に合わせたような展開だけれど、それが嫌味にならないのがいい。
この映画の観客は、やはり少しでも長く主題歌を聞きたいと思っているのだと思う。そういう意味では理にかなっている。高橋英樹はどうでもいいのだ(笑)。

昭和の名曲である。


0

Yahoo!かんたん決済   日々のこと

http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/tomiyasu22_0210?userID=tomiyasu22_0210&u=tomiyasu22_0210
お客様からの要望が多く「Yahoo!かんたん決済 」を導入しました。
ご贔屓に・・・。

目玉はレイバン

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

******************


この日本的な「いじめ問題」を歌った「BABYMETAL」、そして熱狂する外国の人に不思議な感じがする。
0

お誕生日休暇(笑)  邦画

どうしても会社がとれという休暇がこの制度、まあありがたいといえば言えないこともない。

で、こんな機会にと評判の悪いマイナンバーカードを市役所に取りに行く。私はあながち悪い制度とも思っていない。ネット上でほぼプライバシーを公開している関係上怖いものはほとんどない。預金情報が漏れたら、貧乏状態がわかってしまいまずいか(笑)。そんなことはないだろうと思うしないのだが・・・。

この年齢になって生きているわけだから、いろいろなことがあるのだろう。

**********
さて映画、アマゾンプライムでいくらでも無料で見られる。ありがたいことです。
どう考えても衝撃です。配信画質も悪くないし・・

クリックすると元のサイズで表示します

「関東幹部会」1971年公開ながら、映画館では見られず、レンタルもされていなかった作品です。若き渡哲也が若々しくまずまず楽しめた。

**********


例によって楽しく聞いています。
ギター、ドラムが上手、この気持ちいいサウンドは明らかに日本的だと思う。
**********
三菱自動車、燃費不正問題
私は断言します。
三菱自動車はなくなります。

ものづくりの端っこにいる私ですが、嘘も三度つけばあとはありません。
おそらく「身売り」しかないでしょう。


0

ロックにはまる?  芸能界

この数日「ベビーメタル」にはまっている。



ロックの何たるかも実はよくは知らない。何せ石川さゆりの大ファンなのだから・・当然です。

唯一泉谷しげるの和風ロックが耳になじんでいる。外人さんほとんど知らない。
そうそう「マッドマックス」最新作がロックだと思うが、あの下品さは好ましい。



無理にこじつければどちらも日本の音楽だと思えるのだ。
評価は専門家に任せるとして、快適な音と映像は実に心に染み入る。

「BABYMETAL」は実は外人さんに育てられたと言っていいのかもしれませんね。
それこそ変な外人さんに(笑)。

そして、いつの間にか「職人」になってしまったと・・・。

嗚呼・・これは私の好きな「職人技」です。




0

アマゾンプライム会員と日本映画  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


映画「笑う蛙」この作品レンタルでは取り扱わないので、DVDを購入しようと思っていた。
ところがアマゾンプライム会員だと自由に配信で見られる。
作品的にはまずまずで、贔屓の大塚寧々のたおやかな演技で楽しめる。
購入したら少し後悔するかもしれないです。

いずれにしろアマゾンの日本映画だけはチェックしたが、かなり膨大な量の日本映画が楽しめそうである。
無料配信だから、内容のチェックだけでも可能なのが嬉しい。

サービスがここまで来てしまうと店舗を構えたレンタル店は相当厳しくなるだろう。



またまた「BABYMETAL」(笑)
アマゾンでも聞き放題、どう考えても今までの常識では考えられないことが起きつつある。

彼女たちを意図的に今の位置に持ってきた「仕掛け人」をどうしても知りたくなった。

それにしても20歳になってるベビーメタルなのだろうか?

***********
物事が変わるときは一気呵成にやってくる。
そんな状況に私は興奮を感じる。

************************
今回の地震は本当に不気味、誰も先が読めない。原発はどうしてもやめなくては日本がもたない。

0

演歌好きでも興奮  芸能界



BABYMETAL
芸能界を震撼させているようだ。


このリズムの快感は私にも理解できる。以前泉谷しげるのロックに酔ったことがある。
それ以来だ。

音楽「革命」かどうかは素人の私にはわからない。

しかし、アマゾンプライムの年会費3,900円と同じぐらいの衝撃だ。
いずれも中身がすごい。

アマゾンが日本の流通を変えてしまう可能性を感じている。いやいや変え始めている。

お一人さまの私が全く不都合なく生活できるのは通販の発達のおかげでもある。

「人と違うことをする」いいことだ。
0

驚いた!!  日々のこと



新聞で初めて知る。「ベビーメタル」
完璧なビデオ
世界に受け入れられた要素がいっぱい詰まっている。

動画の中にハエを捕まえるところがあるが、あれは時代劇の定番、剣豪の技なり。
0

途中下車した映画群  邦画

亡き父母、祖父母が残した実家の不用品をかたずけているのだが、膨大な量になり兄と四苦八苦しながら軽トラで運んでいる。

いずれは家そのものも壊さなくてはならないだろうが、いましばらくは住まざるを得ないのだろう。
田舎特有の面倒な人間関係は私には苦痛以外ない。と本音をいうから尚住みづらくなってしまう(苦笑)。

さてさて日本映画、もうつまらないものに時間を費やすのはもったいないという感覚がどこかにあり、ますます見たいものが限定されてくる。

以下、30分ぐらい見て腹が立ってきて下車した映画群
正しく生きる
スターゲイト 洋画
きみはいい子
愛してよ
恋に唄えば♪
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前篇
舞妓はレディ
・・・・
きりがないのでこのぐらいにします。

私の尊敬していた俳優「原田芳雄」が癌で死んでいくとき「最後は人間関係」といっていたが少し違和感を感じている。
彼の演じていたアウトローと実生活の違いはもちろん承知しているが、もっともっと常識外のことを演技でもいいから言ってほしかった。

「アウトローが最後までアウトローとして死んでいくこと」それはおそらく人間として失格なのだろう。
それでも私はどこかでそれに共感してしまうのだ。

フェリーニの「道」あの傑作映画のラストは理想に近い。


0

私の生まれる前の日本映画  邦画

クリックすると元のサイズで表示します

1949年作品
高峰秀子 灰田勝彦 笠置シヅ子 古今亭志ん生の面々 当然みな彼岸の人

作品的にはどうということはないけれど、主題歌を聞きたくて最後まで見た。
当時の風俗が手に取るようにわかる。やはり不良の見るものだったのだろう。



私も誕生日を迎えた。
めでたいとかそういうことではなく、ここまで生きてこられたことに感謝している。

死んだ母親に青春時代があったのだろうか?
ふとこの映画を見ながら考えた。

0

スマホ対応ホームページ  家業(眼鏡)

ホームページの写真入れ替えでとんだ勘違いをしてしまった。
スマホしか使わない知人にスマホには古い画像しか出てこないよと、指摘され慌てて確認したところその通りで全くお恥ずかしい。

つまり、PCサイトをいじれば自動的にスマホも対応するものと思っていた。もちろん一部はそのようになってはいたが、多くは手を入れないことには新たな情報は入らない。

スマホサイト一部入れてみました。ご確認ください。
明日、あさってで少しずつ更新してみます。


http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/tomiyasu22_0210?userID=tomiyasu22_0210&u=tomiyasu22_0210

「ヤフオク」これが意外と好評です。すぐには売り上げには結びつかないけれどアクセス状況がわかるため面白い。
つまり、モデル画像に集中していること、これも写真を撮ったものとしては嬉しい。


クリックすると元のサイズで表示します


参考サイトhttp://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20160304/CK2016030402000227.html
0




AutoPage最新お知らせ