なんじゃこりゃ! 「死」「4」まつわる話  芸能界



西部邁を知ったのはかなり前の「朝まで生テレビ」、そこで理屈ばかり並びたてる変な右翼風おじさん。
しかしながら、現在の彼はとっても温厚で気持ちの良い話が魅力である。
特に歌謡曲には造詣が深い。

今回の「アカシアの雨がやむとき」前後の政治がらみの話には感動してしまった。
今一度歌謡曲の良さを認識した。

天才「美空ひばり」を語れる人が少しずつ少なくなっていくことが寂しくもあるが、歌が永遠に残る。
Last「死」「4」にまつわる話がいい。

自分も熱かった時代を歌謡曲とともに振り返ることになるのだろうか?

0




AutoPage最新お知らせ