大人の哀しい遠足  邦画

ドラマ「琥珀」二度見てしまいました。

やはり泣けてしまいましたね。
こういう大人のドラマが極端に少なく本当に貴重な映画だと思います。

もうこのレベルになると映画として認識しても良いでしょう。
人生いろいろあるのが面白いわけで、私たちもこの映画から学ぶことが非常に多いでしょう。

「分かっていること」が前提に進むドラマ進行、この阿吽の呼吸は大したもの。
「鍵をかけない」犯人の心使いが二度見て初めて認識できました。

また時間をおいてみようと思う。

_______________________

台風、まったく読めない。
これは相当覚悟が必要なのかもしれない。

表は無風状態に近い。

0

「琥珀」テレビ放映だけではあまりにももったいない。  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


アマゾンのプライムビデオでまったくの予備知識なく鑑賞。
この作品の質にはびっくりした。

ほぼ映画的手法で作られたドラマではあるが、最初の5分間で画面に引き込まれあっという間にエンディングという具合だ。

刑事ドラマではあるが
西田敏行, 鈴木京香, 寺尾聰,の三人のしみじみとした演技が本当に泣かせる。

かつての日本映画にあった手法ではあるが、現在の映画ではほとんどなきに等しい。
音楽も落ち着いたもので、このドラマは繰り返してみたいと思わせる秀作である。

http://www.megane-tomiyasu.com/original8.html
久々に更新
0

トップページ更新  家業(眼鏡)

クリックすると元のサイズで表示します

http://www.megane-tomiyasu.com/
少しアングルを変えてみました。



YouTube動画のほうもついでに写真更新しました。

秋らしい風情になったでしょうか?
「亜樹」づくしは愛嬌ということで(笑)。

台風接近で表に出られそうにありません。

今日から明日にかけてF1を楽しみにすることになりそうです。

0

貴乃花親方が好きだ!   ある【anarchist】伝

竹中労の言葉に
人は無力だから群れるのではなく、群れるから無力になる。

あまりにも有名ではあるが、当然知らない人は知らない。

貴乃花親方の言動そのものについては詳しくは知らないし、知ろうとも思わない。
ただ「闘う」という姿勢、孤立承知の言動は深く共鳴する。

私たちは時として、不利を承知で決断しなくてはならない時がある。

「せめて自らにだけは恥なく瞑りたい」
この言葉は竹中労の尊父「竹中英太郎」の墓碑銘である。

決断がどうであれ、自ら責任をとらなければならない時がある。

間違っているかいないかは、誰かに判断して貰うものではない。
己の心に静かに聞いてみることなのだ。

0

著作権とテレビ  YouTube



追加・・この動画が具体的で勉強になりました。



動画を作っていて最も神経を使うところは著作権のこと
贔屓の素晴らしい動画があっという間に削除されることの残念さ

テレビ番組を録画して自分の動画の一部として再利用したいという欲望はいつもわいたりする。
おそらくダメだろうとは思うのだが、内緒に使ってしまおうかと・・・。
ボロボロ状態のテレビ番組がままYouTube動画として散見されが、それならOK?!

上記の動画が結構参考になる。

動画を金儲けとしてはまったく考えないけれど、何か少しばかりの「新たな手」がほしかったりするのだ。

しかしながらまったく健全なことをしなければならないとすると、YouTube動画として成立しにくい。
ネット自体が持つ毒をわきまえつつ利用しないとこれからはビジネス等々、闇の中に入り込んでしまう。

「オフィシャルサイト」として企業が利用しているYouTube動画、一体どのような契約になっているのだろうか?

そこは少しばかり興味がある。
もはやテレビを見ない人が大量に生み出されいる。

YouTube動画への移行は自然の流れだ。

_________________

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本日アップ 売れ筋でしょう。

0

養命酒黒酢ドリンク   ある【anarchist】伝

樹木希林は基本的には「アナーキスト」に近い信条の持ち主であったと勝手に解釈している。
生前の竹中労と実に懇意にしていたことは知られていた。

樹木希林の残していったこと言葉はまるで「大杉栄」の世界である。

_________________

「不規則な生活」を規則正しく生活している当方

深夜眠れなくなっても一向に気にしなくなった。
もっとも会社では眠くなって仕方がないが、それなりの仕事をすればよいと考えている。

養命酒を実に長く飲用していが、最近黒酢ドリンクが発売された。
早速飲用すると養命酒の味がするのは、実に不思議ではある。

元気でいたいから飲むというよりも、何か習慣を変えのはどこか抵抗がある。

いい習慣でも悪い習慣でも誰かに迷惑かけわけではないのでそれでいいのです。

この頃一番眠くなるのがNHKのオンデマンド
NHKらしい「善意」は実に無害なのである。

___________________

そうそう
希林さんで思い出したことがある。
希林さんのヌードシーンが出てきた映画がある。
これを見た人はほとんどいないだろうなというほどの珍品である。

もっともこういうものは日本映画ファンとしても見たくはない筆頭ではあった(笑)。
0

遠方からのお客様  家業(眼鏡)

尾張旭市から東名高速を使って、メガネご夫婦で購入していただきました。
ありがたいことです。

そこで映画「カメラを止めるな!」の話に及び、是非にと勧められた。
私の近くでの上映が今のところではないが、そのうち映画館にかかると思いますね。
と書いたが

調べてみたら、結構近くでやっている。

もっとも、最近は日本映画好きでもあまりフィットする映画がないのが現状だ。
昔の映画が良かったという年寄りじみた感想を言っている自分が情けないのだが、現実だから仕方がない。

それでも私は日本映画の力は明らかに落ちていると思う。

自分が拙い動画を撮りながら思うのは、圧倒的な機材の優秀さは技量を必要としないことが起きてくるのだと思う。

いえば安易な映像がいくらでも量産できるということなのだ。
しかし、どうであれ
作品は見てからでないと決してわからない。
きちっと見て批評を載せたい。

あまりに評判になった映画は実は、映画館に足を運ぶのは躊躇してしまう。
__________________

ところで現在使っているPCのキーボードの反応が鈍くなり少しばかりイライラする。
もう変え時なのは分かっているが、いまだ決心はつかない。

ブルーレイ搭載の機種にどうしてもしたいと考えている。



0

外部マイク  日々のこと

動画を作りながら、どうしても不満な部分は「音」そのものであ。
特に望遠レンズを使用すと、その作動時の音がとても耳障りなのです。

そこでこんなものを買ってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します


まだ少ししか試していないがそこそこいけそうなのです。
音の再生がモノラルになるのは残念だけれど、ステレオ機能付きだと二万円から三万円と高価。

この機械5,000円少しだから我慢しよう。
機材に凝りだすときりがない。

このマイクが活躍できる日はいつかと不安は少しつのります。


0

動画を止めるな!  YouTube

亜樹旅日記9 極私的哀悼 無常篇

今回の動画最後まで見ていただければ、トリックを含めた意図が少しはわかるかもしれません。
大げさに作ったわけではないのだが、ややいびつな成り立ちになってしまいました。

この動画にこれだけ多くのアクセスがあることに少しばかりの驚きもあります。

ネタばらしは少し先にしようと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/tomiyasu22_0210?userID=tomiyasu22_0210&u=tomiyasu22_0210

お客様の声
こちらも更新です。http://www.megane-tomiyasu.com/original5.html

どんな状況になろうとも私はメガネ屋
基本は決して忘れない。


0

予想通りの結果  歌姫 東亜樹

カラオケバトル、予想通りの結果にまったく驚きはしない。

亜樹ちゃんが歌い終わったら番組を見るのもやめた。
そうこうするうちに親戚の叔母から電話、かわいい子だねとお褒めの言葉

身内でもないのに嬉しくなってしまった。

機械にとらわれた出場者たち、私に言わせれば少し哀れな感じがした。
「まったく緊張しない」と言っていた亜樹ちゃんの姿にすっかり安心した。

素人が見ても機械の傾向と対策をしないと勝てないだろうことはわかる。
ということは、すでにプロである亜樹ちゃんにとっては「遊び場」としてぐらいの価値しかない。
もちろん全国のファンに向けての顔見世としては十分効果があります。

それはおそらく亜樹父ないし本人が一番理解していることだろう。




0

最新版動画です。  歌姫 東亜樹



自分の「想い」を映像化してみました。
こういうことは一度だけにしたいと思っています。

今日は会社、有給休暇を取って動画作っていました。

どこか納得はいっていないのですが、今回でネコ仕様はおしまいにします(笑)。

________________

今日は亜樹ちゃんのカラオケバトルが楽しみです。

0

エイリアンが逃げ回っている(笑)  地球外生命体



宇宙物の大御所シンゲンさんサイト
大いに張り切っている。

大体こういう話はお笑いとして結構面白く、馬鹿馬鹿しいと思いながらのファンでもある。

9割がたガセだろうと思いながら、実は・・・?
という話だけれど、

SF映画があまりにもお粗末だから、現実の話の中にロマンを求めてしまうところがある。

____________________

ところで今日は会社のQC大会
会社に縛られるのはいい加減にやめたいけれど、仕事自体は結構性にあっていからやめられないところもある。
金銭的なこともどうしても避けられない。

こういう無限の改善活動はいつか破綻すると私は読むが、経営者は永遠に続く、続けなくてはと思っている。

逆に言うとモノづくりの楽しさをどうしてもスポイルしてしまう。
日本的な律義さに誰もついてこない可能性がある。

日本株式会社は日本だけに通用するルール作りに血眼になっている。
どんどん行けるところまでいってみることも必要だろう。

結果、結論は見ずして私たちは鬼籍に入ってしまうことになる。

いまの福島原発事故の後始末にも似ている。
いま生きている人たちは、誰も原発の処理の最終工程を見ずして死んでいくのである。





0

「泥の河」とネコ動画  邦画

「亜樹旅日記8 望郷子守唄」で最も期待したのが、映画「泥の河」を想起してくれることだったがまったく反応はなかった。

DVDが発売されているわけでもなく、やはり当時見た人がいなかったということなのでしょう。
それと亜樹ちゃんの歌と映画との関連性も、通常は考えられないのかもしれない。

不思議に思うことはこれだけ映画から、いい言葉ではないが「パクって」いるにも関わらず反応が限られていること。

つまり日本映画を心から好きな人はごくごく限られた人だということなのでしょう。
暗くじめっとしたかつての黄金時代の日本映画は忘れ去られる運命にあるかもしれない。

そこには私たち先輩の「苦労」がきっちり描かれていた。

こういう考え方は古いと言われればそれまでですが、新しければまた良いというわけでもなかろう。

_________________________

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

迫力のメタリックなデザイン
0

全日本歌謡選手権  日々のこと

全日本歌謡選手権
贔屓の故竹中労の厳しい指摘が懐かしい。

カラオケバトル、考えてみれば機械に向かって歌うスタイル、遊びとして考えれば目くじら立てることもあるまい。
亜樹父の少しばかりの愚痴を聞いたことがある。

そうであっても亜樹ちゃんの紺の衣装は素敵です。

クリックすると元のサイズで表示します

お借りしました。https://ameblo.jp/o1o9s5i4mx/

やはり結果は一部の人にわかっているにしても期待します。

親戚のおばに今度こそ出てくると知らせることにしよう(笑)

________________________

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

目玉品は上記カラー違い2本

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/tomiyasu22_0210?userID=tomiyasu22_0210&u=tomiyasu22_0210
0

居心地が良い訪問者数  日々のこと

拙文をしたためた私のブログに何故か10人以上訪ねてきてくれると、とたんに居心地が悪くなる。

亜樹ちゃん関連での訪問者が多いのは何となく理解できる。

人との交流は淡きをもって貴しとなす。

これが私の基本なものですから、10人の訪問者で十分なのです。
決して本分としてのメガネ屋魂は変わるわけではないので、あとのことは付属でもあるわけです。

いつも贔屓にしているコンビニのおばさんに言わせると「亜樹ちゃんの収録には有給を使ってでも出かけるべきだ」という、なるほどだとは思うが私はひっそりと応援に回るほうを選ぶ。

好きな人には一定の距離感が必要だと思う。

「とことん」は私自身に向けるべきものだといつも考えている。

「とことん」に人を巻き込んだらいけない。

とことんメガネ屋を全うできるならこれは私にとって最高のものになるだろう。

10年前の屈辱は決して忘れてはならないのだ。
晴れやかな「東亜樹」のキラキラした姿を見ながらそう思うのだ。
0




AutoPage最新お知らせ