狂え!?  歌姫 東亜樹

「亜樹ちゃん狂い」は少しばかりの自慢として(笑)私の中に存在しているけれど、当然当人の前で言えるはずもなくひっそり楽しんでいる。

それにしてもペットが出てくる動画、望郷子守唄は強いです。アクセス数が東本家とはもちろん比べようもないけれど私の動画最大のヒット作という趣です。

もういいだろうから少しばかりネタばらしをしましょう。
この動画の肝はやはり題名でしょう。

「望郷子守唄」は高倉健のやくざ映画からいただき、当時、抜群の題名として名を馳せました。
最も映画自体は見ているはずなのですが、あらすじさえ覚えていないところから出来はいまいちだったように思える。

もう一本「網走番外地・望郷篇」こちらはシリーズ大傑作で内容もわずかですが覚えています。
子供が重要な役割を果たしています。

「泥の河」は動画中触れていますから、映画を見ている人には懐かしい場面を思い出すはずです。

子供がこれほどしみじみを描かれは映画は知りません。

戦後日本映画の傑作「警察日記」とともに絶対に残る映画なのでしょう。

亜樹ちゃんの歌がもちろんメインなのだけれど、私にとっては「狂えるもの」「狂っていたこと」がどうしても必要なのです。
若干なりの創作はそれがないとできないと私は確信に近いものがあります。

__________

追記「男はつらいよ・望郷篇」も傑作でしたね。
冬のバス停で襟を立てて寒さを凌ぐ寅さん、いい場面でした。






0




AutoPage最新お知らせ