有料世界配信 ビジネス欄に  YouTube

「亜樹旅日記13 暗愁篇」

基本的にはこの企画は「手弁当」に近く、個人で大きな金額はかけられません。

それでもこの動画は一切の妥協はなく、思い切って自分を出して作ったものです。
これでもってお金儲けしようなんてことは一切考えなく、銭失いを承知の話になるわけです。

このままこの動画を一部のファンだけの間にとどめていてはダメだろう。
いちど違う世界の人たちに見てもらおうと思う。

結果はどうであろうとも、面白がることができそうだ。

広告がどこに出るのかとか
実はよくシステムをできていない(笑)。

勉強しながらの企画です。

皆様よろしくお願いいたします。
0

寂寥感  日々のこと

SHIROが逝って1日半
落ち着かないのは承知だけれど、寂寥感はたまらない。

トイレ、エサ場、爪とぎ器等々片づけた。

今年は入りいろいろなことが重なり、ややまいっていたところにSHIROの死。
追悼動画がSHIROを連れて行ってしまった感があるけれど、あながち間違ってはいないのかもしれない。

元気が出ないときは無理して元気を出さない。
それでいいと思っている。

____________________

YouTube動画をグーグル有料広告で世界配信を考えたのだが、これが極めて難解、途中までなのか完了しているのか定かでではないが、ともかくチャレンジしている。

外国人の考えたシステムなのだろう。
本当に分かりにくい。

永遠に広告が出せないのかもしれない(笑)。

という現段階の情けない話で終わりにします。
0

SHIRO逝く・・遊びに来たんか  日々のこと

静かに息を引き取ったはずだ。

臨終にはあえて立ち会わなかった。
当然ながら、一人で孤独で逝った。

私もこの姿を見ながら見習いたいと思った。

人でも動物でも命が消えるときは必ずやってくる。

今回の動画、身近に死を感じながらの作業であった。
そこにSHIROが加わるとは少しばかり想定外ではあった。

この年になると「祈り」の大切さは身に染みている。

これからは、本当に一人ぼっちになってしまった。
SHIROの孤独感は私に引き継がれるのだ。

そして動画が二本残された。




亜樹ちゃんとの交流はSHIROのハイライト
天国できっと見ている。

「仲良くしなきゃだめだよ」って!!

お疲れさまでした。
0

SHIRO危篤  日々のこと

今晩が山だろう。

猫が死んでいくのは多く見てきたから・・・。
いつかは人もペットも死んでいく。
残念ながら。

埋葬地も下見をしてきた。
0

どうでもよいアイデアは満載  日々のこと

動画をアップして、少し時間がたった。

動画の評価等々はそれとして、ほっとした人もいるだろう。
過激なのかどうかも含めて、私には判断できないけれど、精いっぱい私なりの「作品」に仕上げたと思っている。

これを最後に縁が切れる人もいるけれど、今少し試したいことがある。

動画でほぼ言いたいことは言っているから、これ以上は言うことはない。

次の展開に進めたい。

生きている限り、チャレンジはやめない。
性格上、中途半端はできない。

実に面白いと思われる企画を持っている。
映像的なもので、頭の中にはどうでもよいアイデアが満載(笑)、つまり現実の映画が面白くない事への裏返しになる。
0

どうも!?  YouTube

動画どうも好評なのが何か気持ち悪い。

評価の手の平返しがさらに素直になれない。

矮小なグッツがどうとか、実はここまでくればどうでもよいことなのだ。
コメントは書けない。

この作品は本当に真剣に作った、私にとっては渾身の一本である。
このまま、ファンのためにだけ公開していてはダメなような気がしている。
私の功名心というよりは、映画ファンとして、生きてきたあかしとして少しばかり世に問いたい部分がある。
 
いま有料でもよいから、宣伝してみようかと研究している。

明日、動画出演してくれた叔母にコピーしたDVDをもっていこう。
世界デビューです(笑)。
0

極私的 金曜ロードショー  YouTube



最後はすっきりとお別れしましょう。

私にとっては映画として作りました。
若松プロ並みにマイナス評価が多く来ること、どこかで期待しています。
いい人では終わりたくない(笑)

敢えて、世の中の顰蹙を買うようなものを作るべきだと思う。
0

環境整備  YouTube

ネットに長く住んでいるとそれなりにいろいろあるけれど、決してそれを望んでいるわけではない。
平穏な日々が一番だけれど、時として正義の人たちが出てくる。

もちろん書くほうにも言い分があるけれど、書かれたほうは結構ダメージを受けることもある。

今回は本当に参りました。

だから周辺の整備、つまり大きくは心の整理をつけなくてはならなかった。
逆に言うとかなりいろいろなものが見えてきたことも事実である。

そして、だからこそ動画最終作に一気になだれ込むことができた。

中身には触れない。

乞うご期待と!!
0

以前の動画通常公開へ  YouTube

動画通常公開に向けて作業したものの、一括更新がうまくいっていません。

いずれにしろ、以前のようにして少し落ち着きたいと考えています。

動画更新もう少し時間が必要かもしれません。
https://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=tomiyasu22_0210
「ヤフオク」こんな感じて運営しています。

たかだか「動画」なのですが作る側だといろいろ考えることも多いのです。
週半ば会社での疲労感が出始める。

0

あだ花  日々のこと

日本社会では一度失敗したものは、ほぼ日の目を見ることがない。
だから失敗しないように縮こまって、人の顔色をうかがいながら生活することになる。

そして、組織というものは人身御供をこしらえて安定を図る。

そんなことを考えながら旅日記最終章の作業にかかる。

私は少数派の側に身を置きたいと常々思っている。
普通、実はどちらにも言い分があるものなのだ。

「亜樹旅日記」あだ花になってしまう可能性が十分ある。

堕ちた人間を棒でさらにたたくという人がいることも知っている。

それでもいい。

優しい人はどこまで行っても優しい。
最後は人間性に行きつく。

動画の失敗は動画で取り返す。



0

テレサテン  本業(金属加工)

日常に戻り、テレサテンの歌を聴きながら、車中一時間を通勤に使う。

一年前はBABYMETALだったわけだから、2年前に戻った感覚なのだ。
一度好きになった人、特に女性に関してはまず嫌いになることはない。

女性に嫌われることは男にとってはつらいことなのです(笑)。

今ビデオ編集を少しずつやっている。
これは映画好きにとっては本当に楽しい。

いろいろな映画を思い出しながらの作業で、一秒の大切さを痛感している。

もう少しで1日の訪問者が10人前後に収まるだろう。
こんなところに来てもろくなことはありませんもの。

人を増やさないのが当ブログのコンセプトです。

0

闘え・・含・美空ひばり論  YouTube

それにしてもざわついた一週間になってしまった。


この動画のコンセプトがこんなにも早く役に立とうとは、作った当時は想像していなかった。
ピンクの帝王、闘う故若松孝二監督を信奉している当方

やはり、自分のことはさておき、簡単には負けられないのです。

次回作、最終作すでに佳境に入っている。

作品への批判(含行動)は、作品で答えるしかないのである。

猛烈に孤立したとき、人は思いのほか力が出るものである。

___________________________

美空ひばりが生き残った原因の一つは、とんでもない歌唱力があったことは間違いないけれど
もう一つ、社会と闘ってきたことが大きいと私は思う。
当時の芸能界では必然としてやくざとの関係ができる素地があるわけで、それを良識人たちがこぞって批判に回った。
人間は本質のところで粗末にされたら、毅然と闘って当たり前なのである。









1

訪問者が多い日は??  日々のこと

私のこの地味なブログに多くの訪問者がやってきたときはろくなことはない。

10人を目標に運営しているため、今日は大いに不吉だということになる。
これは半分冗談です。
私が運営しているからお許しください。

実をいうと「亜樹旅日記」はもう私の手から離れ、独り歩きを始めたと解釈しています。
私がこの題名とコンテンツを思いついたときは本当に嬉しかったものです。

ということを含めてこのシリーズを私の独断で削除してはならないということで再公開に踏み切ったわけです。
「亜樹旅日記6 突貫少女篇 完全オリジナル版」
芸術とは予感であると私は思っている。この動画の予感がこんなに早く当たるとは私にも予想外である。

旅日記シリーズはよくよく観察してもらうといろいろなものが無理やり詰め込まれている。

日本映画の手法を私なりに取り入れている。
静止画と動画のバランスは私なりに成熟しつつあると考えている。

いまいろいろこのブログに書き込みながら次の手立てを考えている。

・ある少女の物語
・戦後昭和史を「歌姫・東亜樹」とともに振り返る!!
・歌姫 東亜樹 美空ひばりを歌う+極私的日本映画ベスト@
・世界を目指す歌姫東亜樹 古賀メロディーを歌う
・歌姫 東亜樹 沖縄を歌う+蛇足(日本映画横断)
・東亜樹 映画・テレビ主題歌を歌う
・東亜樹 三橋美智也を歌う・哀愁列車・怪傑ハリマオ・夕焼けとんび

上記の7本は私が1年近く前、東氏の動画をコピーさせてもらい作品の可能性を探っていた時代のもので、それなりの試作過程が込められ、思い出深い作品群であります。
旅日記よりはるかに多くの観客を呼び込んでいることは、おそらくへ理屈が入っていないからでもあります(笑)。
ここから少し深くということで・・・・
当時は、現在の歌のうまさとは違い東亜樹の歌に切れがありました。
厳選して歌をセレクトしたと記憶しています。

しかしながら、この7本は特別な事情がない限り「お蔵入り」にせざるを得ない。
東氏の撮ったものを現在の事情で公開することはできません。

ご了解いただきたい。




0

衝撃価格  ヤフオク

「ヤフオク」終了
結果は多くの人に参加感謝しつつも、その価格には衝撃を受けました。
芸術に価格をつけるという最低行為は断罪されつつも、そこまでして確認したかったこともありました。
おそらくこの行為は二度とできない試みですから、私は出品したサングラスを含め結果を素直に受けとめたいと考えます。

「価格と価値」これからの私の課題でもあります。

関係者の皆様にはご迷惑おかけしました。
ここで深くお詫び申し上げます。

0

感謝します。  ヤフオク

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c709524312

朝起きて「ヤフオク」見たらびっくりするほどの入札で夢ではと思いました。
命を削ってと言えば誇張すぎますが、真剣に作った作った動画と出品物が粗末に扱われていいはずはありません。

私の方法論の間違えはその通りなのですが、人の情に感謝しきれません。

私「裏」東亜樹関連では最も有名になってしまったようですね。
実に光栄なことです(笑)。

ありがとうございました。
0




AutoPage最新お知らせ