闘え・・含・美空ひばり論  YouTube

それにしてもざわついた一週間になってしまった。


この動画のコンセプトがこんなにも早く役に立とうとは、作った当時は想像していなかった。
ピンクの帝王、闘う故若松孝二監督を信奉している当方

やはり、自分のことはさておき、簡単には負けられないのです。

次回作、最終作すでに佳境に入っている。

作品への批判(含行動)は、作品で答えるしかないのである。

猛烈に孤立したとき、人は思いのほか力が出るものである。

___________________________

美空ひばりが生き残った原因の一つは、とんでもない歌唱力があったことは間違いないけれど
もう一つ、社会と闘ってきたことが大きいと私は思う。
当時の芸能界では必然としてやくざとの関係ができる素地があるわけで、それを良識人たちがこぞって批判に回った。
人間は本質のところで粗末にされたら、毅然と闘って当たり前なのである。









1




AutoPage最新お知らせ