新元号  日々のこと

年寄りたちが新元号に大騒ぎしている図、私には理解できません。

私はホームページをはじめとして、これを機会に西暦のみ使用しようと思っている。
世界的にみてもこんなことでドタバタしていること、愚かしいことでしょう。

これは桜の開花に大騒ぎしているのと共通している。

とはいえ、草花が開花する時期は少しばかり嬉しいことも事実です。
動画に草花を安易に入れている自分も、結構愚かしい行為なのかもしれません(笑)。

そうそう、ショーケンこと萩原健一が死んだ。
同世代としては、やはり寂しくもあるが、いい映画を残していってくれたことが嬉しくもある。

初期の「約束」「青春の蹉跌」は代表作です。
死ぬまで俳優、これは私も見習いたい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大人のテレビドラマでした。こういう作品は現在では無理でしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

最近知って少しばかり驚いたこと。
YouTubeでの動画の見方が、私が考えているような映画の延長上にないことを知人を教えてもらった。
早送り、最初と終わりを見たり、中抜きだったりと、旧世代が考えない視聴の方法を取り入れているようだ。
YouTube自体が若者の考えたことだけれど、私は私のやり方で映画的手法は崩さないことにしている。
できるだけ動画的テクニックは避けているつもりではある。

これからは年寄りがルールを作っていてはだめなのでは?

あだ花を咲かしてみよう。
F1動画ただいま行き詰まっています(笑)。
0




AutoPage最新お知らせ