野山の散策  YouTube

カメラをもって近くの野山の散策に出かけた。
思ったより春の息吹が感じられ、何とはなしにカメラで切り取ってみた。

これがなかなかいい具合なのです。
これなら次回作の動画の材料になりそうだと思った次第。

帰って少しばかり頭をひねってみた。
うんうん、出来そうだ。

ということで次回作にゴーサイン!!

この安易な発想が楽しくて作っているようなものです。
所詮素人だからいかように作ろうと勝手なのですから・・・。

一つ東亜樹のファンのためにサービスカットを入れることにしています。
当人は迷惑かもしれないが、わたしが動画を作るきっかけを作ってくれた彼女をおろそかにはできません(笑)。

海軍工廠の動画では、亜樹ファンの中国の方が「誘導」だとか「洗脳」だとかはしてはならぬとお叱りを受けましたが、それは考えすぎです。

もう一つ「暗黒史」皆さん反応しにくそうです。
とんでもないところで「いいね」が入っていましたから・・・。

それでいいのです。

私の意図はわかる人には分かりますもの。


0

動画少しお休み  邦画

日本映画の表と裏、私なりに作っては見ましたが、何やら休憩が欲しくなりました。

自分では毎回全く発送を変えて作っているつもりなのだが、やはり素人の悲しさ、行き詰まりを感じています。

とはいいつつ、また突如製作しだすかもしれません。
「菫旅日記」は菫ちゃんが一勝したら製作考えましょう。

連休はそんなに多くは取れないのですが、この期間中に少しカメラの望遠レンズを研究してみようと思っています。
望遠レンズを多用した映画好きなのですが、自分で使うとなるとどうもしっくりこない感じなのです。

http://www.megane-tomiyasu.com/original8.html

ここは充実したな。
もう、眼鏡屋のサイトではありません(笑)。
0

疲労感  邦画

今回の動画「暗黒史」やはり、こういうものは疲れます。
自分では楽しんで作っていたつもりなのですが、いざ完成し公開してみると、そこで時計が止まったような感じなのです。

基本的には暗い映画は好きなのですが、実をいうとここで取り上げたような作品は暗さを通り越しているんですね。

人に見せるようなものではないことも、一方では事実なのですが、裏日本映画史としては押さえておかなければいけない事でもあるわけです。

だから、この動画はひっそりと映画史の片隅で生きていけばよいと思っているのです。

視聴者は100人前後で終わってほしいと思うようになっています。
0

新作動画アップ  YouTube



ANDYさんの音楽で大好きな二曲を使うことから構想した動画です。
この音楽がなかったら成立しなかったでしょう。

会ったことはありませんが、こわもて風若松監督、映画を語る姿勢が大好きでした。

ここまで映画を語れば本望です。
いつ命が絶たれても一向にかまわないという心境になっています。

評価等は、実はどうでもよいのです(笑)。
0

動画極秘製作中  邦画

日本映画に特化したものになります。

一応私の素人なりの専門分野でもあります(笑)。
どうも力が入りすぎる傾向がありますから、要注意でしょう。

いま仕上げにかかっていますから、アップは早いかもしれません。

花粉症らしき症状も収まり、快調とまではいかないけれど通常ペースで行けそうです。

10000越えアクセスは、どこかプレッシャーになります。
1000越えあたりが程よいところだと思っています。

乞うご期待を!?

ということで・・・

とはいいつつ
今回はとんどもないことになるかも?
0

10000超えたか?  YouTube

日本映画横断1971
1万超えたようだ。

私にとっての大ヒット嬉しい。
かつて卒論で映画史をやった。政治学のゼミだったのに、卒論のテーマは何でもよいというおおらかさで、私はへたくそな文章を綴ったものだ。

ここにきて次回の動画のために少しばかり映画史を見直している。
記憶があいまいな部分が補強されて、想い出の日本映画がよみがえる。

最も筋まではほとんど思い出せない。
脳の空洞化は如何ともしがたい。

それでいい。
老化は老化として認めよう。

ここまで生きてくると、自ずと自分の中のタブーらしきものは消え去りつつある。

一人で生きているということは、「忖度」が必要がない強さがある。

動画を作りながら、かつて見た映画の作法をあえて崩してみたいとも考えている。
楽しみな動画の構想を具体化している。

その作業がこの上なく楽しい。

そうそう、菫ちゃん動画少しずつ認知されてきているようで嬉しいです。
0

次回動画  日々のこと

ブログトップ画像変えてみました。

動画次回構想を具体化していますが、これが難解、だれもやったことがないものを目指しているつもりです。
最後は適当にお花で埋めることにしています。

これはこれで安易で楽しい作業なのですから・・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

スクエアなこのフレーム意外な人気に少し戸惑っています。
0

豊川海軍工廠DVD  YouTube

YouTube動画、DVDに焼き直したものを、知人が公開してくれそうだ。
老人たちはインターネットの環境など持ち合わせていない。

高齢者はこういう動画はなかなか見ることがなかろう。
リズムはかなり抑え気味だから、入りやすいと考えます。

あまりに若者向けばかりでは、高齢者の居場所はないに等しい。

_______________

春めいて草花が咲き始めると、なぜか心がウキウキする一方、ざわめきも起こる。
風邪気味の体調、だいぶ通常に戻りつつある。

明日はF1中国グランプリ、楽しみです。

*****************

日本映画横断 動画、もうじき視聴10000件超えそう、これは信じられない。
近作F1動画ぐらいが適正数字だと思われます。

0

映画「教誨師」  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


地味な地味な映画です。
こういう対話形式の映画は珍しいです。

大杉漣の独壇場というよりも、何やら遺書めいた映画に見えるのは仕方がないのかもしれない。
こういういい映画が最期になったのは、役者みょうりに尽きるだろう。

死刑囚の実態にかなり迫っているものと私は思うのだが、どうだろうか?

「棚の隅」という大杉漣の商売映画の大傑作があるけれど、それに近いものがある。
是非多くの人に見てほしい。

ラストの日常がいい。
0

風邪  家業(眼鏡)

今日は会社、お休み
風邪もまずまず快方に向かいつつある。

外は雨模様
こんな日にはPCで整理

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今月の目玉

次回動画も構想中
まずは音楽を決めてから題材に取り掛かる。

日本映画の毒々しさを取り上げようとは思うが、これが難解、つまりあまりにも反社会的なものは反発が強すぎる。
強面の人々を取り上げることは必要だけれど、必要以上の刺激もまた考え物である。
「儲かれば何でもやる」とかつて豪語していた東映の社長、現在ではこれは通用しない。

そうはいっても日本映画の通ってきた道を否定する必要もない。
堂々として「歴史としての日本映画」を語ればよいことだけかもしれないのだ。

簡単に反省してはならないのだ。

0

菫旅日記 余話 じわじわと・・・・  YouTube


視聴者あたりの平均視聴回数5.1



分析を見ると、どうもこの動画にはまっている人がいそうだ(笑)。
通常平均視聴回数は1を少し超えるぐらいだから、ダントツです。

作った立場とすれば嬉しい。
知人のパン屋さんにも気に入られているようです。

菫ちゃんの可愛さはとびっきりですから、これで実力をつければ「鬼に金棒」という古い言葉を思い出します。

「亜樹旅日記」の第一作をどこかで意識して作っていることは事実ですが、シンプルな構造は意外と難しかったですね。
何といっても音楽、ANDYさんの素晴らしい曲がなかったら成立しなかったでしょう。

________________________

ところでF1動画どうでしょう。
ラストの安易な桜の場面は、どこかの映画で見たものを再現していますが、作った当人は粘って「風待ち」がうまくいったと思っています。

動画に入れ込みすぎた結果、風邪をひいてしまいました。
今日、休日診療所にお世話になりました。

大したことはないのですが、のどの痛みにやや違和感があります。
実はもう次の動画構想が頭に浮かんで困っています。

0

新作動画アップ  YouTube



こんな動画はやはり私のものです(笑)。
ということになりますか?

0

F1動画鋭意製作中  YouTube

誰も考えないようなものにしようと製作しています。
最も素材が限られるため、一定の枠の中での「悪あがき」です。

それにしてもホンダF1勝てそうな雰囲気が何といっても嬉しいです。

これにて動画完成までブログ休止します。

と前回も言っていたのですが、あっという間に完成したから今回もどうなるかわかりません(笑)。
0

健全な視聴  YouTube

むやみに視聴回数が増える「日本映画横断」よりも「その後の亜樹旅日記」の楚々とした増え方のほうが、はるかに健全な感じがして好ましい。

題材が戦争ものだけれど、そこは私が作るものだからエンターテインメントを幾分か入れている。
だから、繰り返して見られるはずである。

動画中の「絵日記」ぜひ読んでいただくと、ぐっとくるものがある。
10年後に亜樹ちゃんが見てくれても恥ずかしくないものにしている。

私が生きていないこともあるけれど、、、
遺族によって削除されているかも(笑)

いずれにしろ先のことはわかりません。
だからこそ、好きなことをする。

F1動画概要が出来上がった。
誰も喜ばないかもしれないけれど、私は作りたいのです。

元号、やはり私はどうでもよい。
政治もどうでもよい。
人口が減ってよいことも多々あるはずです。

そこのところをぜひ、研究することが必要でしょう。
0

若おかみは小学生!  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


このアニメの情報はほとんど知らなかった。
ほんの少し、ネットで紹介されていて興味を持った。

結構出来が良く、ホロッとする場面が多く、私大いに満足しました。
仕事に疲れた今日みたいな日にはちょうど良い鑑賞でした。

このごろは涙もろくなり、何気ないことにも感激してしまいます。
0




AutoPage最新お知らせ