二流映画監督の気持ち  邦画



映画監督を一流二流という区別することは、本意ではないが、いつもつまらないものを作っているのに、次々と映画が作れる監督がいる。

一時期の故・佐藤 純彌監督がそうだった。
「陸軍残虐物語」「組織暴力」等の傑作を作りながらも、晩年はどうしようもないものを延々と作り続けた。

仕事として割り切っていたのだろうか?

私もへたくそな動画を作っていて、もうこの辺でやめようかと思ったりするが、また少し経つと作りたくなってしまう。

上記の動画「恋して」はなぜか受けているようだ。
理由はよくわからないが、「色物」としての価値だとは思う。

それでも製作者としては嬉しいものです。
「カルト」石井輝男監督の気分!?

次回作は?
期待せずにお待ちください。

前回作、内親王が見ていたら、冷や汗もの(笑)
いやいや意外と・・・。
0




AutoPage最新お知らせ