物の価値と価格  家業(眼鏡)

最近レンズメーカーが新製品を出して、試供品として値打ちに提供いただき早々に使用してみた。
現在流通のメガネレンズは一般的には悪いものがあるはずもないし、一定以上の水準にはあるのは当然である。

新製品となればある種の期待をもって接することになる。

がしかし、今回のメガネレンズは期待外れだった。
ごくごく初期の老眼では問題ないことは当然だが、私のように度数が強い場合は全く使用不可能でした。

このレンズをどのように読み解くのか、私のいささか悩んだ。
値段が安いのだから、この程度でよいだろうでは、現在の競争には勝てないし、企業姿勢としては問題だろう。

結局このレンズ一度作りこんだHPから削除することにした。

いちどいいものを作ったらそれが標準になる。
専門的にいえば価格性能で「レゾナステン」がそれである。

ささやかなメガネ店ではあるが、そこは譲れないのである。

*******************
複式メガネという 便利な偏光サングラス付きです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

根強いファンのためにできれば常時掲載したいと思っている。

************************

昨日の続き
私はどうしても「組織」は信用しない。アナーキスト?!
0




AutoPage最新お知らせ