型崩れ  家業(眼鏡)

少しずつかつての状態に戻しつつある。

それしてもPCの進歩は早い。
思い切ったブルーレイ搭載機種は、そのきれいさはもちろん液晶の反射が少なくとっても見やすい。
このPCにしたら、ミラーレスカメラが欲しくなるのは必然かなと思います。

サングラスを少しずつアップしようと思う。
こういうものはほとんど動かないのが常識かもしれないが値段が安くなれば落札されるでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日のNHK7時半からの番組

メガネの産地福井県鯖江の状況を放送していた。
悲惨な状況は問屋筋から聞いて知ってはいたが、仕方がないでしょうね。

谷口眼鏡の社長が出ていたが、私のひいきの「ターニング」製造元です。

現状打開としてメガネ通販だが、私が10年以上前に考えたことです。

結論としてオンラインで素人にフッティングさせるのは無理です。
番組中の細めのフレームのフッティングがうまくできたとすると、逆に「型崩れ」も簡単に起こるということになります。

レンズが入っている場合はレンズを破損させてしまいます。

私がいま実践しているのは、要するに顧客にできるだけ触らせなくても顔になじむフレームを探すことです。

こういう優れたフレームは実に少ししかありません。

そのノウハウは経験からしかわかりません。

だから面白いとも言えます。
http://www.megane-tomiyasu.com/original5.html






0




AutoPage最新お知らせ