色覚異常者の悲哀  日々のこと

色覚異常者という呼び方が本当に腹が立つけれど、これが正式な医学用語であるようだ。

私はできるだけ色に関することは避けて生活しているけれど、どうしても避けられないことは起きてしまう。
最近、レイバンサングラスの色目に関し思い違いをしていた。
というより、判断する目の能力がないわけだから、間違っているのかどうかさえ判断できない。
中国で製造しているわけで、カラー表記が実に不親切、つまり表記それ自体がない始末。

顧客とのトラブルには発展させなかったけれど、双方戸惑いはどうしようもないことになってしまった。

*************

さてさて気を取り直して
午前中動画の材料集めに出かけた。

思わぬ出会いがあったりして楽しいドライブでした。
中身は内緒(笑)

動画を今月中に完成させてお披露目したいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

この素敵なサングラスは絶対売れると思っています。
0




AutoPage最新お知らせ