1年間ありがとうございました。

いえばコロナ禍の1年ということにはなりますが、私にとっても節目の年になりました。
12年間サラリーマン生活の終焉等々

12月になって急遽知ったレイニッチには心底驚きました。
その「才能」には深く感動しました。

彼女を使った「旅日記」シリーズ化することにしました。

***************

徐々にですが自営業の感覚も戻ってきました。
つまり、それなりの体調、血圧の安定など、体力に応じた生活パターンがわかってきました。
あと10年は生きて東亜樹、レイニッチの大輪を見てみたい。

それにしてもテレビがつまらない。
特に芸人、NHKに出たらもうおしまい。

という説(私説でもあるのですが)あながち嘘ではないと思っている。

たけし、さんま、そしてBABYMETALさえも・・・。


0

【Blu-ray】パーフェクト ワールド  洋画

信頼のクリントイーストウッド監督作品
犯罪者と人質の子供との逃避行
そつのない出来上がりに安心して観賞

「すばらしき世界」来年公開
贔屓の西川美和監督の待望の新作
このところ二作ほど不調だったけれど、やはり実力ぴか一女性監督
どうしても期待してしまいます。

***********

今年ももう終わりです。
寒さが心まで冷やそうとしている。

不気味な年末年始になりそうです。

クワバラ

0


Blinding Lights
原題

何度も聴き返した。
やはり素晴らしい出来です。

レイニッチには山口百恵最高作「曼殊沙華」のようなものに挑戦してほしい。
演歌のようなリズムには合わない。
独特のリズム感は楽曲を選ぶと思う。



本家さんは素晴らしいSF映画風なのです。
*****************

今日ぐらいから実質的な年末年始休暇という塩梅

商売人としたら悲惨な状況だけれど、これからこういう状況は数年続くとの観測もある。
若い人が死んでいく
私ら、高齢者にカウントされる者たちはどうでもよいけれど、50歳以下の人は、生き残る方策を真剣に考えなくてはならない。

「ヤフオク」年末年始も稼働中!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

私の動画から最も遠い曲  インドネシアの歌姫Rainych(レイニッチ)



この曲は本家さんも聞いてみたが、レイニッチとは別物のように感じた。
出だしのメタルサウンドは素晴らしく、現在のところ私の聞いた範囲では最高傑作だと思う。

「合いの手」は日本人ぽく、元の楽曲を日本語バージョンにした知恵者のセンスは抜群である。
一時期あのベビーメタルに親しんだものとしては非常に懐かしいサウンドでもある。

この曲をバックに動画を考えてはみたもののあまりの「乖離」に絶望感を感じたりしたが、できないわけではないと考え直している。

現在の日本のポップス界には全く不案内だから、何とも言えないけれどこれぐらい魂を込めた歌い手はいるのだろうか?
と思っている。

レイニッチを聞きこんでみて、天性のリズム感はちょっとマネのできないレベルにあると思う。
荻野目洋子はリズム感は抜群なのだけれど、やや一本調子のところがある。

それに比べレイニッチはもう少し柔軟性がありそうだ。

Rainych旅日記シリーズ化しよう。
車中で聞く音楽がまた増えた。

*****************

そうそう紅白歌合戦楽曲ベビーメタルは「いじめダメ、ぜったい」、10年ぐらい前の曲になるだろうか?


0

動画と収益化と「人生修行」  インドネシアの歌姫Rainych(レイニッチ)

新作動画の評判はどうだろうか?
私の動画は収益化を全然考慮しない方針で、基本的には自分の好きなものを撮りたいと思っている。
絵画等を使う場合、相手方の「想い」を十分に考えてはいるがどうしても自分の世界に引き込まないと作りようがない。

逆に言うと収益化を考えなければかなり自由に作れることもある。

***************

楽しい年末年始は絶望的な今、閉塞感を逆手に取るぐらいの心意気が欲しい。

***************************

レイニッチ旅日記少し続けられると楽しいと思っています。
「亜樹旅日記」を期待する人も多いのだけれど、やはり時代は動いているということです。

才能はあっても磨き続けなければなりません。

人生修行です。
0




新しい鉱脈を見つけました。
素晴らしい絵画と歌で、半日で作り上げました。

素材が素晴らしいから、できるだけその良さを損なわないようにシンプルなものにしました。
レイニッチさんには本当にはまり込みました。
この歌は本当に気分が高揚します。
0


午前中ネタを仕込みに出かけました。
近日中に動画アップします。

できるだけ楽しいものにしようと思っています。

**************
いまNHKが楽しい。
「天然素材」という異色作? 鈴木清純監督に大笑い。

もう一本
新日本風土記「東京紅白歌合戦」
これは日本の歌謡曲の歴史をたどる話
懐かしさでしばし涙ぐんでしまうほどです。


0

新旅日記シリーズは?  インドネシアの歌姫Rainych(レイニッチ)

レイニッチさんの動画好評なのかどうか、まるで判断できない。
あくまでもメガネフレームに特化しているから、反応が見えない。

であるならばもう少し感じを変えたものにすればファンも反応しやすいかもしれない。
日本ではまだまだマイナーなのだから仕方がないのかもしれない。

だから、逆に応援もし甲斐もあるというものだ。
レイニッチ旅日記
近々始めましょう。

************

コロナ禍
東京都感染者1000人越え時間の問題

本当に覚悟が必要でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

普遍的な好評楕円メガネ

0

仕事納め、いやサラリーマン納め  本業(金属加工)

12年間のサラリーマンに完全に終止符です。
いや、組織の中で暮らすことに一定の喜びがないではないが、もともとの自営業の頭は消えることはなかった。
いい勉強させてもらいました。

もっともらしい挨拶だけはすまいと思いながら、会社を後にしました。

*******************

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


年末年始のコロナ禍
急を要する状態

愚かな政治家には当然任せられない。

年末寒波はきついぞ!!
0

アナザーストーリーズ 運命の分岐点「阿部定事件〜昭和を生きた“妖婦”の素顔〜」  テレビドキュメンタリー

NHKのこの番組は実によくできていた。
日本映画史としても興味深いものでした。

明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史(1969年8月27日、東映京都)
石井輝男監督 主演吉田輝雄
阿部定この映画出演後に消息が途絶えたという。

おそらく自殺だろうかとNHKでは推察されている。

実録阿部定 (1975年)田中登監督
愛のコリーダ(1976年)大島渚監督

そしてこの番組での一番の収穫は吉田輝雄が健在であったこと、調べてみると84歳であるという。
石井作品で主演を延々と張ってきた大御所、映画の評価なんかは関係なく圧倒的なファンは存在しているのである。



私も決して見てはいけない動画を作っています(笑)。
良識のある人は見ないようにお願いします。

考えてみると高度成長期
私たちの映画も自由でした。
真っ暗な映画も必要だったのです。

いま石井監督が生きていたならばどんな映画を撮ったのだろうか?

ふと、そんなことを考えた。


0

力強い  洋画

【Blu-ray】15時17分、パリ行き
贔屓のイーストウッド監督作品
全くの予備知識なく観賞。

列車内のテロに遭遇した三人組、本人たちを主演に据えた作品であった。
これが不自然ではなく結構様になっていた。

こういう際物風の作品は得てして珍妙なものになりそうなのだが、そこは監督の力量が試されるということです。
特に列車内のテロリストの対決は、ハリウッドらしい実に力強い描写になっている。
ここだけでも見て損をしたということはない。

ところでこの作品の批評はひどいものだとあとから知った。
確かに観光気分の描写、ラストの大統領(?)と思われる長々とした演説はしらけたりするが、そんなにひどい出来ではない。

批評は批評
あまり信用してはならない。

*******************


私の動画の宣伝
力強い?アクセスで1000越え
正直嬉しいです。

中心の人形を作っていただいた80過ぎだと思われるおばあちゃんも喜んでいると思われます。
絶妙な「哀歌」を歌いこなしている東亜樹
たまたま咲いていた花の管理者のおかげ等々

ラストの鹿さんは、現在お肉になっています。




0

「筑豊のこどもたち」2020年NHK最高傑作  テレビドキュメンタリー

「筑豊のこどもたち」
日本映画として存在し評価が高いことは、未見ながら知識として持っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてそれは土門拳の写真集から発想されたものだというとこもわずかに知っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

ともかくこの哀愁に満ちた一枚の少女写真がすべてを物語っている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この「目撃!にっぽん」というドキュメントは、当時貧困にあえいでいた人たちの現在を丹念に追い続ける。
それは作家五木寛之の「青春の門」とか山崎ハコの世界でもあるように感じた。

ドキュメントの肝は、貧困の象徴なような少女の探索に費やされるけれどその過程は涙なくしては見られない。

そしてその少女が健在なことが明らかになる。

ラストは少女の子供によって母親の苦労を語るところで終わる。

少女の現在の姿を出さないことで「深い味わい」を残すことに成功している。
本編34分
この中に込められた製作者の想いを改めてかみしめている。

そして何よりも土門拳の素晴らしい写真は時代の証人である。


0

コロナワクチン・・ドクターとの会話  日々のこと

歯科医に出かける。
そこで必然にコロナの話になる。

でもって
コロナワクチンを打つかどうかという話になっていく。

私は高齢者だから、いの一番に接種が可能だと思う。
すぐ接種をしようと考えている。

副反応がどうのこうの言うけれど、そのようなことは織り込み済みでゴーサインです。
要するにあとは死ぬだけだから、たいして恐れることもありません。

死生観を云々したい人はすればよいでしょう。

********************

いつまでたっても落札されない不思議商品

クリックすると元のサイズで表示します

すばり中国製だからです。
もはや中国商品を抜きにメガネフレームも考えられないのです。

覇権主義の国
日本もその力の前に屈服するのだろうか?
品質はどんどん上がっています。

0

無垢な力  歌姫 東亜樹



クリックすると元のサイズで表示します

3年近く前に作った動画になぜかアクセスがある。
ふつうある程度日にちが立つと忘れ去られてしまう。

いまや供給側がまるでなくなってしまっているから、ファンは過去のものを探すしかないのかもしれない。

当時はまだ旅日記シリーズは構想の段階で、編集のノウハウを模索していたものです。
そんなときの「拙さ」は妙に懐かしい。

東亜樹も「無垢」さが素晴らしい。

******************

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アミパリというブランドなぜか人気
私もその理由はわからない。
0

修正版up  YouTube



メガネフレームを追加した修正版です。
メガネの好きな人に見ていただければと思っています。

中途半端な動画を残しておくのは忍びなかったです。

****************

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

好評Nikonビックフレーム
0




AutoPage最新お知らせ