赤西蛎太  邦画

クリックすると元のサイズで表示します

フィルムの修復をしながらの作品のようだ。
前半のもたもたした展開にすっかり眠たくなり、うとうとしながら見終わった。
ラストのほうはなかなか力が入った「モブシーン」ということになります。

*******************



不慮の事故死の松永ひとみさん
0




AutoPage最新お知らせ