ブラックリスト  テレビドラマ

穏やかに商売を継続したいと思っていても、どうしてもうまく事が運ばないことがある。
「お客様は神様」という以前の標語は消えて久しい。

というよりもこの原則に従っていたならば、じつは商売は困難に直面すると考えている。
日本人はもともと親切でやさしい、それでもこれにこだわったらある限定的商売は成り立っても広範な商売はあきらめざるを得ない。

どこかで顧客を選別したくはないが、それをしないことには前には進まない。

旧来のサービスを求めて求めて動く人たちはいてもよい。
そういう客の要望に応えていては、地方の小さな商売はまず成り立たない。

昨日、少し離れた顧客から10,000円でメガネを作ってくれないかという電話があった。
しかしながら、通販専門ということ、山の中の店舗を探し出す困難等々説明して丁寧に断った。

利益幅と使う時間等々をどうしても考慮することになる。

どうしても困った顧客がいたならば、そこは利益を無視する。

***************************

クリックすると元のサイズで表示します

旬の女優浜辺美波の連続もの
ドラマとしては残念ながらかなり落ちる。

同様なNHKのドラマはよくできていた。

何となくダサい感じがよいし、喜劇的才能は私が言うまでもないがあふれている。

0




AutoPage最新お知らせ