残された写真   ある【anarchist】伝

クリックすると元のサイズで表示します

事件の涙
「たどりついたバス停で〜ある女性ホームレスの死〜」

この優れたドキュメントの悲しさは、若き日に撮った一枚の素敵な写真に凝縮されていると思っている。
理不尽な事件とはつらつとした写真の落差が大きすぎる。

日本人は基本的には親切な人が多い。
それでも、些細なことで底辺での生活を余儀なくされること、私たちはわかっているはずだ。

****************

もう一つ
近藤真彦の退所のこと
結果、不倫等々で首ということなのだろう。

ジャニーズという組織を守るにはこういうことなのだろう。
実は人間としての試練
私はいいことだと考える。
マッチ、組織に属さないことの厳しさ、うんと勉強したらよい。

それにしても東山某の奢ったコメント

私たちはきちっと覚えておくことが必要である。

クリックすると元のサイズで表示します

青春グラフィティ
スニーカーぶる〜す
Sneaker Blues
監督 河崎義祐


結局近藤の仕事として、歌は全く評価できないけれど、一本傑作映画が残っている。
監督の腕で極めて楽しい作品に仕上がっている。

当時いたつれあいと堪能した記憶がある「日本映画伝統的歌謡曲映画」である。



0




AutoPage最新お知らせ