暗さがいい  洋画

クリックすると元のサイズで表示します

ハンターキラー 潜航せよ

潜水艦映画ということになりそうです。イメージとしては西ドイツ映画「Uボート」を思い出すがそれほどの厳密な映画ではない。

私はすべての映画を見たいとは思うがそれほどの時間が残っているとも思わない。
アマゾンプライム映画でなかったら見なかったであろう映画でもある。

しかしながらよくできた映画で娯楽映画としては一級品、一方プロの評価観客動員は最低のようだ。

ご都合主義とアメリカ映画には珍しい「暗さ」がそうさせているのかもしれない。

****************

クリックすると元のサイズで表示します


「暑さ」ピーク

0

韓国映画「力道山」とリスペクト  洋画

クリックすると元のサイズで表示します


監督 ソン・ヘソン
出演 ソル・ギョング, 中谷美紀, 藤竜也
2006年作品

力道山の往年の雄姿をテレビで見ていたものとしては、非常に興味深い作品でした。
最も面白く見られるところは韓国人の考える日本という国の在り方でしょう。

2時間29分というやや長すぎるドラマだけれど、日本の一流の人たちが脇を固めることによってほとんど日本人が見ても違和感はない。

というよりか、日本に対するリスペクトさえ感じられる。
ほろりとしながらも日本のダメさも教えられる。

力道山の最後、きちっと早めに治療をしていたならば腹膜炎で死ぬことのなかっただろうといわれている。

しかしながら、それが「寿命」ということなのだと思います。



0

硫酸男と映画研究会  邦画

硫酸男の身元が明らかになるにつれて周辺状況も少しずつわかってきた。

誰にでもありそうなことだったら怖い話になるが、今しばらく成り行きを見守る必要がありそうだ。
「逆恨み」か?

*************************

クリックすると元のサイズで表示します

「街に気球があがる時」1961年
監督 井田探
出演 長門裕之, 武内悦子, 吉行和子

「可愛い花」の監督井田探の地味ながらほろっとさせられる中編映画
吉行和子が元気はつらつ

子供をうまく使っている。
こういう日本映画に出会えることが嬉しい。

0

ジュディ・オング  邦画

クリックすると元のサイズで表示します

ジュディ・オングの魅力がこの映画を救っている。
1966年公開、出演者若くはつらつ

ジュディ・オング、決して歌はうまくないが楽しいエレキサウンドにあっていた。
童謡を歌うシーンはこの映画のハイライト

「魅せられて」でブレークするのは十数年後
歌手はビジュアルも大切、天から与えられた才能の一つなのです。

******************

コロナ禍の次にアフガン情勢の混沌
もう戦争状態

ひとりの日本人を救った自衛隊?

日本の平和論、どこかおかしい。
0

20,000回視聴  邦画



この2年前以上の動画20000回超え、どんな動画でも1000回視聴を目標にしているから結構嬉しいです。
この動画でなにがしかの利益が上がるわけではないが、日本映画ファンとしての一定の欲求は充足されるように感じている。

映画は興行、つまりは最低限の売り上げを上げなくてはならない。
監督は自分の作りたいものと会社側の要求とのバランスをとることが仕事だろう。

日本映画史に残るものと観客の心の中に残るものは別だと感じることがある。

**********************************

クリックすると元のサイズで表示します

監督 西村昭五郎
出演 山内賢, ジュディ・オング, 鍵山順一

全く知識なく見た。
太陽族映画のようなものだけれど、結構な力作でした。

ジュディ・オングがかわいらしく上手なのは意外、この映画のロケ、結構危険なもののように思う。
出演者が泳ぎが達者だから何とかなっただろうけれど少しばかりひやひやさせられる。

西村監督こののちロマンポルノで力を示すのだけれど、この時点でかなりの力量を持っていることを証明している。

1966年の作品

**********************

昔の映画を見ながら感じることは絶対的な監督の下、セクハラ、パワハラのオンパレード
さらに「びっこ」だの「部落」たの禁止用語満載

現在の映画作りのコンプライアンスでは考えられない。

現代の「正しい映画」作りは、私たち世代のものではない。
0

決定版!SF映画年代記(吹替版)アマゾンプライム  洋画

クリックすると元のサイズで表示します

テレビドキュメント
SF映画の入門としてはよくできている。
こういうあまり知られていないものを見つけるのも楽しいものです。

******************

相変わらず世間はざわついている。
コロナ禍は一番だけれど、みずほ銀行のごたごたも誉めた話ではない。
宝くじファンとしては長い付き合いで重宝している。

実害はないからさほど気にはしないけれど、寄せ集めの巨大システムのもろさを感じます。
これからの時代大きさを誇るのではなく、中規模程度にして利益と従業員の幸福を追求すべきでしょう。

資本主義の行き詰まりと地球規模の環境問題が表に出ざるを得ないときです。
経営者の質が問われます。

結局はやる気と体力のある若い人たちに任せるしか方法はないです。

「死に体」の首相の目を見ているとつくづくと思います。

今日は熱中症注意
散歩から帰ってきたらぐったりです。

0

硫黄島  邦画

クリックすると元のサイズで表示します


監督が俳優の宇野重吉
これが意外や意外、結構面白い作品になっていた。
戦争で心をやられた元兵士の「懺悔行」のような塩梅

サスペンス風の前半をうまくまとめ、後半は心の動きを女性を絡めて的確に演出している。
素人の宇野重吉監督としては大したものです。

わずかな戦闘シーンもこの映画では好ましい。
出演陣で生きているのは芦川いずみだけか?

*************************

クリックすると元のサイズで表示します


梅雨のような夏も今日までか?
明日ぐらいから暑くなりそう

それでも、今年は会社を退職した分体は楽でした。
0

センセイ君主  邦画

クリックすると元のサイズで表示します

監督 月川翔
出演 竹内涼真, 浜辺美波

傑作「君の膵臓をたべたい」を見ていなかったら、そして浜辺美波が出ていなかったら絶対に見なかっただろう映画が「センセイ君主」

女子高生が見て喜ぶだろう、この映画のターゲットは若いこの層

浜辺、喜劇的才能ところどころ散見、武田鉄矢のマネは笑ってしまった。

あとは年寄りには恥ずかしい場面の連続(笑)
ということで

あとはよろしいようで、、、、



これは怖い!!
0

はかり  ヤフオク

この頃は郵便局によく行く。
そして、定形外郵便を「ヤフオク」等で利用するのだけれど、複数回にわたって余分に切手が貼ってあるとの指摘、最初は勘違いだと思いそのまま投函してしまった。

自宅に帰って仔細にはかりを点検、どうもこれがよろしくない状態
安物の中国製がおかしい。

結局新しいものを購入することに決めた。

郵便局では当然定期的にはかりの点検をしているという。
個人では電池を交換とか、ソーラー部分の掃除等々が考えられる。

複数のはかりを使って顧客に迷惑かけないようにすることが必要なのかもしれない。

*****************

横浜市長選、素人でもこの結果は予測していた。
能力のある人がやるしかない。

無理やり経済を発展させる必要もない。
どう考えても、少子化の時代頭打ちの経済状態。

ある枠組みの中での幸福感を追求するしかない。

どんどんトップを変える。

******************

クリックすると元のサイズで表示します

ぼつぼつ底値を伺う展開
0

ヒットラーに傾倒した男  テレビドキュメンタリー

NHK BSドキュメンタリー作品の秀作です。
このことは歴史研究家の中では有名だったのかどうかは定かではないが、私は全く知らなかった。
いい勉強させてもらいました。

日本は歴史から学べない。
日本独自のあいまいさは国内ではある程度の収まりがつくが、国際的には全く理解されない代物である。

***************

クリックすると元のサイズで表示します


商売年末にかけて大変な時が来る。
備えよ!!

0


NHK「特攻 知られざる真実」
よくできたドキュメンタリー、終戦記念日になると必ずと言っていいほどこの手の番組が放送される。
ついつい見てしまうが、もうかわいそうという観点での取り上げ方「古い」のかもしれない。

「いじめ」「差別」と同じで決してなくなるものではない。
であるならば、戦争の本質を考えることが必要になってくる。

アフガニスタンでアメリカがやったこと
中国の覇権主義

繰り返される国家の在りよう、、、

平和を唱えるだけの日本、世界戦争にはならないまでも局地戦はいつでも起こる。

新型コロナ対策での国の対策で大いに学ぶことがあった。
国の中枢建前でしか動けない人々によってとんでもない方向に導かれる。

死人が出ないと前に進まない。

特攻の時代と何ら変わりがない。

**********************

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一山(イチヤマ)メガネフレーム
火野正平が似合ってます。
0

コロナ騒動記  邦画

F1鈴鹿、今年も中止
ファンとしたらこの決定承服しかねる。
オリンピックをやってF1はやれないわけはないが・・・。
政治決断だとか、ということは政府関係者にF1の理解者はいないということ、相変わらず文化としてのF1は日本ではマイナーなのでしょう。

もっとも感染状況はひどすぎる。
感染妊婦さんの死産、夕方フジテレビ6時からのニュースを読む男性アナウンサーの慟哭、ついもらい泣き
柳沢さんがいいフォローをしていました。

千葉真一も感染で亡くなった。
ワクチンを打たなかったことについては当人の選択、それてもあの太刀さばきは誰にもまねができなかった。
空手アクションには大笑いしたものです。

********************

クリックすると元のサイズで表示します


私たちの世代では「グリコ森永事件」知らないものはいない。
その映画化
どの程度真相に迫っているのかは判断はできないけれど、当時の捜査状況は丹念に映画に取り入れられている。

二人の人物によって事件が交錯する導入部は見事です。
久しぶりにドキドキしながらの謎解き楽しいものです。

もう少し錯綜する人物整理し短くしたらよかったかもしれませんが、課金500円の価値は十分ありました。

0

美貌  邦画

いまさらですが、政治家たちのコロナ対策のお粗末ぶりある意味納得感がある。

彼らの頭の中を変えるには、自らコロナにかからなくては緊張感は生まれないだろう。
これからも延々と形を変えながら、新型コロナとの闘いは続く。


日本人は戦前戦後で物事考えているのだが、新たに「新型コロナ前後」というくくりが出てくると思う。
無駄死にだけはすまい。

*******************

NHKBS時代劇「雲霧仁左衛門」全作29本、ほぼ1か月かけてすべて見た。
中井貴一がよいことはわかっていたが、内山理名の美貌ぶり和服の着こなしが素晴らしい。

いつか彼女を取り上げた動画作ってみたいですね。

彼女、テレビの人という感じがするが少し映画作品も探してみます。
雲霧仁左衛門が代表作だろうけれど、もう少し活躍の場があってもよさそうなものです。

そのことが不思議に思うのです。
端正な美貌は汚れ役が出来ない、にあわない?

クリックすると元のサイズで表示します
0

山根貞男の新刊  邦画

クリックすると元のサイズで表示します

東映任侠映画等に造詣が深い、映画評論家の山根貞男
思想信条はいささか違うけれどその仕事ぶりは大したものだ。

4万円を超えるこの大型本、とても手が出ないけれどいつか読んでみたいと考えている。

日本映画のベスト映画誰でも知りたいのでしょう。
私の動画にそれが表れているとかねがね思っています。

定期的にアクセスがあります。



************

私の住むところには大雨洪水警報
それでも歯科医が予約あり出かけました。

麻酔を打ち抜歯、少しずつ痛みが増してきた。

大雨にコロナ禍
もういけません。
大変なことになってきました。

「犬死」だけはしまい。
0

有村昆  邦画

映画コメンテーターとして有名らしい。
映画評論家ではない?、少し調べてみた。

映画ファンとしては、有村某日本映画の何本かの評価を見れば思想信条がある程度は推測できる。
しかしながら洋画中心で日本映画はあまり見ていない。
年齢的にもまだ若いから、古い日本映画を見ている確率は少ない。

動画のつくりを見てもこの程度が大衆に受けるということなのでしょう。

離婚云々は結局当事者しかわからない。
女性陣が寄ってたかって当たり前のことを言っていることは、ワイドショーとしては必要なことだからこれでいいのでしょう。

彼はとても映画人とは言えないけれど、日本映画の良さを勉強したらよろしい。
趣味ならばこのままでいいでしょう。

***********************

NHK映像の世紀プレミアム20 中国革命の血と涙
これは力作
加古隆の音楽とともに中国近代史の勉強になる。

一つ驚いたのは天安門事件の時の戦車の前に立ちはだかった通称「タンクマン」
この正体がわからないという。
可能性として「演出」も考えられるのか?

国家というものはいざとなれば何でもやるのだから・・・。


0




AutoPage最新お知らせ