政治家だってビジュアルが・・  家業(眼鏡)

石破さんが総理になった時のことを考えてみた。
いい人で誠実かもしれないが、あの顔だと表に出しにくい。

おどおどした菅さんを見ていて心底顔は大事だと思う。

これからの時代ビジュアルも一定の要件を備える必要がある。
そのうえでの政策であると考える。

俳優、歌手、不幸にもビジュアルが要件を満たさない場合は、徹底的に技量を磨くしかない。
あの天童よしみを見よ(笑)

*****************:

金子眼鏡とフォーナインズが経営統合とのこと

まだ業界関係者に当たっていないので、確かなことは言えないが、やはり眼鏡業界厳しいということなのでしょう。

一つ共通点としたら、二社とも「ヤフオク」等で目玉になっているということ。
通常店舗では高額すぎて扱いにくい。

値段がこなれた時に買いが入るということ。

一定のファンは存在しても量販は難しいのかもしれない。

いいものを作り続けるには小規模に徹することだけれど、それでは利益が上がりにくく従業員の生活もままならない。

クリックすると元のサイズで表示します

この商品私にお気に入り
3〜4年前の商品だけれど売り続けている。

メガネの場合デザイン素材はほぼ出尽くしている。
であるならば地味に売り続けるしかないのである。

何事も「革新」がすべてではない。
ちょっと手を加えて新製品、それこそが無駄だということです。
0




AutoPage最新お知らせ